日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4・2・3 ケーブルの支持及び固定
 布設されたケーブルは、振動や衝撃によって電路から飛び出さないように電路金物にバンドで固定する。バンドは十分な強さを有し、ケーブルの被膜を損傷することなく固定できること。
 ケーブルの支持間隔はケーブルの外径及び種類により異なり、その値は表4・8による値を超えてはならない。
 
表4・8 ケーブルの固定間隔(JGの場合)*8
ケーブルの外径 (mm) 帯金の間隔(mm)
がい装のない場合 がい装のある場合
13以下のもの 250 300
13をこえ20以下のもの 300 350
20をこえ30以下のもの 350 400
30をこえるもの 400 450
*8:船舶設備規程 第256条
 
 図4・29に主電路及び枝電路におけるケーブル固定方法の例を示す。
 電路幅は、ケーブル幅に対して+50mm程度とること。また、ケーブル重ね高さは、50〜70mm以下を標準とする。
 
図4・29 ケーブルの固定
 
4・2・4 ケーブルの端末処理要領
(1)概要
 ケーブルの端末処理は、大別すると機器導入後の線さばき部の処理と、端末結線処理に分けられる。
(1)ケーブル端末の防湿処理が完全に行われないと、ケーブルの絶縁抵抗の低下を招き、船舶の就航後に予期せぬ事故のもとになる。
(2)端末の結線は、振動、衝撃などによって断線を生じないように注意深い作業が必要である。
 また、レーダーなどの電子機器類は、誤結線のまま通電すると機器の破損を招くので慎重に行わなければならない。
 機器の端末結線は、一般的には圧着端子による結線や、同軸ケーブル用各種コネクタ類の取付け工事の場合が多く、特殊な工事材料は、機器装備用品としてメーカーの支給によるのが普通である。コネクタ類の取付け法や端末結線については、メーカーの装備工事用図面に従って確実に行うことが必要である。
(2)線さばき部の処理
(1)線さばき部の処理材料は、一般的には粘着ビニルテープ、熱収縮性ビニルチューブが用いられる。
(2)2心以上のケーブルは、シースを除去した根元から線心端までの介在物を念入りに除去する。
(3)絶縁ゴム(又はプチルゴム)上の布テープ類は絶縁低下の原因となるおそれがあるので、絶縁体の先端から10mm又は根元まではぎ取って、粘着ビニルテープでテーピングする。プラスチックテープの場合は、除去やテーピングの必要は無い。
(4)線端処理に使用するテープの巻付けは、原則として半重ね巻き2回以上とし、最終端部は巻き戻り防止のため、余分に1〜2回重ね巻きする。(図4・30参照)
 
図4・30 線端処理のテープの巻付け
 
(5)多心線の場合は、機器への接続端子配列に従って若干のゆとりをもたせて切断後に、端子配列の順に麻糸などでレーシングする。
 予備線は、最遠距離の端子に接続できる長さに切断してから、一括してしばっておく。(図4・31参照)
 
図4・31 多心線における線端処理







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
119,909

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から