日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(ハ)非防水形貫通金物
 ケーブルの損傷を防止するため、甲板を貫通する場合にはコーミングを、隔壁を貫通する場合にはカラー又はブッシュを使用する。図4・9にその一例を示す。
 
図4・9 非防水形貫通金物
 
(ii)固縛材料
 ケーブルを固定するために使用され、巻バンド形と押さえバンド形とがあるが、工事の容易さから巻バンド形が多く使用されている。
(イ)押さえバンド
 巾13mm以上の船用電線帯金(黄銅の帯状のもの、JIS H 3201相当品)を所要の長さに切断し、布設ケーブルの形状に合わせて形打ち加工して図4・10の例のように使用する。
 
図4・10 抑えバンドの使用例
 
(ロ)巻バンド
 軟鋼又はステンレス(SUS 27等)製のテープ状のもので、あらかじめ所要の長さに切断し、ケーブル群に巻付け、止め金具(バンドバックル)と工具により締付け、巻止めを行い、余長を残して体裁を整える。
 図4・11にその使用例を示す。
 なお・止め金具の種類には、O形、D形、L形があり、一般的には枝電路にはO形又はD形を使用し、主電路にはL形を使用する。
 
図4・11 巻バンドの使用例
 
(2)ケーブル導入及び端末処理用材料
(a)防水及び不燃材料
 隔壁を非防水形貫通金物等で貫通した場合には、その場所が規則上の防火隔壁であれば、不燃材あるいは難燃性の材料を用いて充填しなければならない。普通使用されるものは難燃性で、かつ、水溶性のもので、カラー及びコーミングに充填すると乾燥して固形状になる。商品名としてプラシール等がある。
 なお、現在A級仕切り電線貫通部の防火材として認められている(NK等)ものとして下記のものがある。
・MCT
・プラシール(NF-81SS及びNF-83)
・ダクシールP
・キルボンドM
・KVM COLD SEALING COMPOUND
・AGE GEAQUELLO SYSTEM
・HONE KALTVERG USSMASE A-60F
 その他の間仕切り用隔壁等の場合には、防水対策等からパテを充填する。
(b)結線部品
 心線を機器に接続する場合、一般的には端子盤による接続方法を用いるが、同軸ケーブル、通信専用の特殊ケーブルではコネクタ(JIS C 5401)接続が多い。端子盤接続には、心線端に端子を取付けない締付形端子と、端子を取付ける圧着端子形とがある。一般的には振動によるゆるみ止めや電気的接続を確実にするため圧着端子を使用する。
 
図4・12 圧着端子
 
 圧着端子は電気銅に電気錫めっきを皮膜したもので、その形状から丸形と先がU字形をした先開形とがあり、また、種類として絶繰筒付と裸(JIS C 2805)のものがある。図4・12に使用例を示す。
(C)チューブ
 裸圧着端子を使用した場合の金属部の絶縁等に使用するものとして、絶縁用ビニルチューブ(JIS C 2410)や熱収縮性塩化ビニルチューブ(ヒシチューブ等)がある。
(d)テープ
 ケーブルなどの接続部の絶縁その他一般の電気絶縁に用いるものとして、電気絶縁用ビニル粘着テープ(JIS C 2336)がある。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
125,822

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から