日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3)小型船舶用極軌道衛星利用非常用位置指示無線標識装置
 前項のEPIRBへの121.5MHz信号の導入と時を同じくして、従来は大型船舶と同じEPIRBが装備されていた総トン数20トン未満の小型船舶と小型漁船に新しく小型船舶用のEPIRBが導入された。この小型船舶用のEPIRBは、大型船舶用に比べて次の点で簡易化されている。
(1)連続作動時間が48時間以上から24時間以上と半減され、低容量の電池の使用ができる。
(2)落下試験の高さが20mから5mと低くなり、構造の簡易化が可能となった。
(3)水密度が深さ10mで5分間から、深さ2mで5分間に変わった。
 
表2・10 衛星EPIRBのコード化の選択のまとめ
(拡大画面:203KB)
注:表のビット109〜112はIMOの指定、COSPAS/SARSATでは“1111”は試験送信に使用
 ビット1〜15ビットは同期(111111111111111)、16〜24はフレーム同期(000101111)であるが、自己試験で送信をするときは(111010000)を使用する。
 
表2・11(1/2) 406MHz極軌道衛星利用EPIRBの特性
パラメータ 数値
高周波信号
 搬送波周波数
  初期 406.025MHz±0.002MHzまたは406.028MHz±0.002MHz
 周波数安定度
  短期 100msで≦0.002/106
  中期
   平均傾斜 ≦0.001/106/min
   周波数変動の残差 ≦0.003/106
  長期 初期のオフセットを含めて
5年以内は±0.005MHz
送信電力 VSWR(電圧定在波比)≦1.23:1で 50Ωの負荷で測定して、5W±2dB 
送信電力立上り時間 10%と90%の電力点で測定して、<5ms
帯域内不要輻射
データのコード化 2位相L
変調 位相変調:正と負は、1.1±0.1ラジアン 非変調搬送波に対する尖頭値
変調の立上りTR立上りTF時間 150±100μs
変調の対称性 |T1-T2|/(T1+T2)≦0.05
連続送信の故障モード 連続送信は、45sを超えないこと
暖機時間 すべての技術的な特性は、運用の温度範囲内で送信するときには、スイッチを入れてから15分以内で適合すること
 
表2・11(2/2) 406MHz極軌道衛星利用EPIRBの特性
パラメータ 数値
デジタルメッセージ
 繰返周期 50s±5%
 送信時間 440ms±1%
(長メッセージ選択時は、520ms±1%)
 連続波(CW)のプレアンブル 160ms±1%
 デジタルメッセージ 280ms±1% 
(長メッセージ選択時は、360ms±1%)
 ビットレート 400b/s±1%
 ビット同期 すべて“1”(15の“1”ビット)
 フレーム同期 正規の動作時は0 0010 1111
空中線
 仰角 5°から60°
 パターン 半球状
 偏波 右旋円偏波又は直線偏波
 利得(垂直面) 上記の範囲の90%で-3dBと+4dBの間
 利得の変動(方位面) <3dB
 VSWR(電圧定在波比) ≦1.5:1
運用温度範囲:
 受入可能な最低範囲 -20℃から+55℃
 特別な注文時 <-20℃から>+55℃
長期の温度傾斜 5℃/h
温度ショック 30℃の温度差のとき性能劣化
最低運用寿命時間 規定の運用温度範囲を通していかなる温度でも24時間
 
表2・12 16進数(HEX)から2進数への変換
16進数 2進数 16進数 2進数 16進数 2進数 16進数 2進数
0 0000 4 0100 8 1000 C(12) 1100
1 0001 5 0101 9 1001 D(13) 1101
2 0010 6 0110 A(10) 1010 E(14) 1110
3 0011 7 0111 B(11) 1011 F(15) 1111
 
表2・13 修正ボードット(Baudot)コード
文字(1) コード
MSB LSB
文字(1) コード
MSB LSB
A 111000 ( )(2) 011000
B 110011
C 101110
D 110010
E 110000 3 010000
F 110110
G 101011
H 100101
I 101100 8 001100
J 111010
K 111110
L 101001
M 100111
N 100110
O 100011 9 000011
P 101101 0 001101
Q 111101 1 011101
R 101010 4 001010
S 110100
T 100001 5 000001
U 111100 7 011100
V 101111
W 111001 2 011001
X 110111 010111
Y 110101 6 010101
Z 110001
( )(3) 100100
MSB :最大桁
LSB :最小桁
(1) 文字と数字の違いは最大桁で示す。すなわち
1=文字
0=数字
(2) ハイフン
(3) スペース







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
104位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
120,734

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
9.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から