日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

紙芝居の伝承と発展

 事業名 紙芝居の伝承と発展
 団体名 芸術文化振興会 注目度注目度2


ごあいさつ
 この企画を立案したきっかけはNHKの名曲アルバムという番組であった。台所に立ったとき、新聞を読んでいるときその他いろいろなときに耳に入ってくる名曲、童謡など、私達の心の中の花は水を求めるように、確実に名曲、名画を求めている。それは、幼児体験として大人になっても心に残る。
 
兎追いしかのやま・・・こんな風景はいまはもうない。夕焼小焼けの赤とんぼおわれてみたのはいつの日か。こんな風景もいまはない・・・
 
が本当にこの叙情の世界をすべて失っても私達は健全な生活が出来るのか問いたい。村祭り、ふるさと、全て美につながっている。又、芥川龍之介の美しい日本語の世界、そしてふるさとに伝わる民話。なに一つとっても懐かしく、振り返ってみたくなる。そして「言い伝え・見伝え・聞き伝え」への責任を大人は感ずる。三世代の参加も見事であった。童謡、民話、名作を紙芝居に創作し、紙芝居の上演会へ参加した人々約230余名。この世界に浸り、よい時間を過ごした。良い企画が完遂できた。
 そして、この信州伊那谷に紙芝居ライブラリーができ、養老施設、保育園、幼稚園に貸出しがこの館にできた時その企画は完成する。
 
駒ヶ根高原美術館
副館長 松井君子
 
 


目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,413位
(34,464成果物中)

成果物アクセス数
3,652

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年5月14日

関連する他の成果物

1.小型船のための海の案内図 教本
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から