日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

海洋科学技術研修TEXT

 事業名 マリンサイエンス・スクール事業
 団体名 海洋研究開発機構 注目度注目度5


深海底を探る
 深海底を調査する方法には、大きく分けて二つの方法があります。その一つは、有人潜水船や無人探査機を海底に降ろして直接探査する方法です。もう一つは、船などに取り付けられたソーナー(sound navigation and rangingの略)を用いて海中に音波を発射し、海底地盤や海中または海底にある障害物からの反響を調べることで、海底地形や障害物までの距離や大きさを知る方法です。
 前者は、狭い範囲を詳細に調査するのに適しているのに対し、後者は、海の中を広範に調べるのに適しています。
 
ユノハナガニが見られる
 
溶岩が冷えてできた亀裂
 
(1)有人潜水船「しんかい2000」「しんかい6500」による調査
 潜水調査船を用いた深海研究の始まりは、1973年にさかのぼります。内閣総理大臣の諮問機関である「海洋開発審議会」は、6000m級の潜水調査船の開発の必要性について答申しました。その後、科学技術庁の委託を受け、当センターは、その建造の可能性について検討してきました。
 その結果、中間段階として2000m級の潜水調査船を開発・建造し、運航経験を積んだ後、6000m級の潜水調査船を建造することが必要である、との結論を得ました。
 「しんかい2000」と支援母船「なつしま」は、1981年10月に完成し、1983年春から日本列島の周辺海域で本格的な調査を開始しました。そして、1998年4月には1000回の調査記録を達成し、現在(2001年10月)は1311回の潜航を終えています。
 一方、「しんかい6500」とその母船である「よこすか」は、共に1989年1月に進水し、その直後から紀伊半島沖の比較的浅い海域で潜航試験を繰り返した後、同年8月に宮城県の金華山沖で最大深度潜水が行われ、6527mの潜航に成功しました。そして1991年5月から本格的な調査潜航を開始しました。調査海域は、日本海溝やマリアナ海溝のほか、大西洋中央海嶺や東太平洋海膨など、広範囲に及んでおり、2001年10月末までに計635回の潜航を行っています。
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,252位
(34,690成果物中)

成果物アクセス数
8,668

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年6月25日

関連する他の成果物

1.おもしろサイエンスのアンケート集計結果
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から