日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

平成15年度 新マイクロ波標識の開発に関する調査研究中間報告書

 事業名 新マイクロ波標識の開発に関する調査研究
 団体名 日本航路標識協会  


(4)諸外国の動向
 パルス圧縮、FM-CW等の新しい方式のレーダーは、諸外国の海軍においてすでに艦艇に搭載使用されている。軍用のため詳細が不明であるが、多くのレーダーがパルス圧縮方式を採用しているものと思われる。
 図1-13はフランス海軍のラファイエット(La Fayette)級に搭載されている対空・水上捜索レーダー「シータイガー マーク2(Sea Tiger Mk2)」の例であり、パルス圧縮方式を採用していることがJANE年鑑等で公表されている。同レーダーの主要諸元を表1-3に示す。なお、軍用のため、送信出力、パルス幅、周波数変調幅、パルス圧縮率等の電波諸元は公表されていない。また、送信機が半導体化されているかも不明である。
 
図1-13 シータイガー 対空・水上捜索レーダー
 
表1-3 シータイガー 主要諸元
方式 パルス圧縮
周波数 Sバンド
送信出力 不明
パルス幅 不明
圧縮率 不明
アンテナ利得 30dBi
回転数 15/30rpm
機能 MTI他
 
 図1-14はスウェーデン海軍のヴィズビィー(Visby)級に搭載が予定されている多機能レーダー「シージラフAMB(Sea Giraffe AMB)」の例であり、性能諸元は不明であるがデジタルパルス圧縮を採用していることがカタログで公表されている。送信機はTWT(Traveling wave tube: 進行波管)が使用されており、半導体化はされていない。
 
図1-14 シージラフ 多機能レーダー
 
 
 搭載用ではないが、パルス圧縮の性能が公表されており、なおかつ送信機が半導体化されている例として、ASR(Airport Surveillance Radar: 空港監視レーダー)がある。図1-15はASR-11の例であり、表1-4に主要諸元を示す。同図表に示すように、送信機は半導体化されており出力18kWを得ている。また、89μsのチャープパルスを送信し、受信時に1/100のパルス圧縮処理を行っている。
 
図1-15 ASR-11 空港監視レーダー
 
表1-4 ASR-11 主要諸元
方式 パルス圧縮
周波数 Sバンド
送信出力 18kW
パルス幅 89μs
圧縮率 100/1
アンテナ利得 34dBi
回転数 15/12rpm
機能 MT I他







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
149位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
87,733

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.新マイクロ波標識の開発に関する調査研究完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から