日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、機器保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・3・4 CRTの交換
 
注意
1. CRTは取扱いに十分注意すること。乱暴に取り扱ったり、ぶつけたりすると爆発して破損することがある。
2. CRTは一人で抜くようにした方がよい。
 
(1)表示器のふたとパネルを取り去る。(図8・10参照)
(2)アノードキャップを外してアースに接触させて放電させる。(図8・11参照)
(3)CRTの先端のソケットを外す。(図8・12参照)
(4)CRTを止めているねじを緩め、指示器から外す。(図8・13参照)
(5)CRT取付金具のねじを緩め、金具からCRTを外し、新しいCRTを付ける。このとき金具のつめにCRT面が当たるようにすること。(図8・14参照)
(6)上記と逆の順序でCRTを表示器に入れ、取り付ける。
 
注意
 新品のCRTと旧品の寸法が違うと、偏向コイルとCRTの間隔が変わる。この場合は偏向コイルの位置を調整する。偏向コイルの前後位置はコイルを保持している円形の金具の中央にある一本のねじを緩めて動かす。上下左右は表示器フレーム(上下のイモノ)を止めているねじを緩めて調整する(図8・15参照)
 
図8・9
 
図8・10
 
図8・11
 
図8・12
 
 (7)CRTの保管
 衝撃を与えないよう、指定の箱に収納する。蛍光面、すなわち、CRTの表示面が下になるように保管する。これは振動等によって蛍光剤がはがれるのを防ぐためである。また、強磁性体の近くに置かないこと。これはCRTの材料に磁化されるものが使われていると、一部が磁化され、画面にひずみを発生する原因になるからである。
 なお、湿度の高い所も避けること。
 
図8・13
 
図8・14
 
図8・15







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
46位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
195,981

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気装備概論編、初級)
2.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編、初級)
3.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気機器編、初級)
4.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
5.平成15年度 船舶電気装備技術講座(GMDSS・レーダー、基礎理論編)
6.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、装備艤装工事編)
7.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、AIS・VDR・GPS編)
8.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(強電用)〕
9.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(弱電用)〕
10.平成15年度 船舶電気装備資格者名簿
11.平成15年度 船舶電装工事の技術革新のための調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から