日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、機器保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・7 主要操作つまみの調整位置と映像との関係
 各つまみの操作法は、すでに前項で説明したが、その調整状態で映像がどのように変化するかを写真7・1に示す。
 写真7・1では、いずれも同調は最良点にセットされた状態である。
写真 No.1
利得を除き、他は最適の状態にあるにもかかわらず、利得がやや過大のため、分解能が低下している。
 サイドロープによる偽像も出やすくなる。
写真 No.2
 他は最適の状態にあるが、輝度がやや明る過ぎるので見ずらい。
写真 No.3
STCによる近距離の利得制御が全くないため、近くの小物標が海面反射によるエコーで覆い隠されてしまっている。
写真 No.4
 ほぼすべての調整が最適の状態にある。
 物標の分離もはっきりと識別できる。
写真 No.5
No.-4の状態でFTCスイッチをONにした状態である。
普通やや感度、輝度とも低下するので、FTCをONにした場合は、少し利得、輝度とも上昇させた方がよい。
No.-4より距離分解能が若干よくなっている。
写真 No.6
STCの効果を大きくし過ぎると、近距離の物標まで見えなくなるので注意を要する。小物標が消えず、かつ、海面反射のエコーが消える点を、微調整して探すことが大切である。
写真 No.7
 輝度不足である。
写真 No.8
 利得不足である。
 
写真7・1 主要操作つまみの位置と映像の出方







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
46位
(31,138成果物中)

成果物アクセス数
196,239

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月25日

関連する他の成果物

1.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気装備概論編、初級)
2.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気艤装工事編、初級)
3.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気機器編、初級)
4.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
5.平成15年度 船舶電気装備技術講座(GMDSS・レーダー、基礎理論編)
6.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、装備艤装工事編)
7.平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(レーダー、AIS・VDR・GPS編)
8.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(強電用)〕
9.平成15年度 船舶設備関係法令及び規則〔資格更新研修用テキスト(弱電用)〕
10.平成15年度 船舶電気装備資格者名簿
11.平成15年度 船舶電装工事の技術革新のための調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から