日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

糸満漁民の展開と港川-海人の歴史と文化-

 事業名 海と船の企画展
 団体名 沖縄海事広報協会 注目度注目度5


(3)進貢貿易とフカ漁
 近世の糸満漁民による沖合漁は、フカヒレを目的としたフカ釣りとイカ釣りが中心だったといわれています。このことは、首里王府と中国との間の進貢貿易が深く関係していたと考えられます。琉球から中国に輸出されたフカヒレは特に19世紀後半に急増し、1861年には1万7400斤、1862年には2万6000斤に達しています。これは、長崎貿易の約2〜3倍の量が琉球から中国福州に送られたことになります(真栄平房昭2000)。糸満と中国貿易を結びつける直接的な資料は現在のところほとんど見つかっていませんが、近世期の糸満漁民の漁業の背景には進貢貿易があったと思われます。フカ漁は最近まで行なわれていました。
 
フカヒレの加工作業の様子(写真提供:長嶺豊氏)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
456位
(33,747成果物中)

成果物アクセス数
23,898

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月11日

関連する他の成果物

1.海からの贈り物?貝とサンゴ?
2.DVD「鳴き砂(鳴り砂)紹介Movie」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から