日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


通信使との交流・影響
 
 
朝鮮人大行列記(当館蔵)
町人による行列記で、日常用語を日本語と朝鮮語で対比している。
 
 
(拡大画面:598KB)
鞆の商家に伝わる朝鮮通信使の短冊
 
 
鞆の町人が書いた朝鮮語の辞書
 朝鮮通信使の一行約500人は、鞆のお寺や商家に分かれて宿泊したため、一般の人たちも、通信使と接する機会が多くありました。そのとき、かんたんな会話ができるようにと、江戸時代の中ごろ(1748年)、鞆の町人が書き残した辞書です。
 朝鮮語に対応する日本語を記しています。今から250年も前に、鞆の人たちが朝鮮の人たちと「国際交流」をしていたことを記した貴重な資料です。
 
熱烈歓迎―朝鮮通信使の日本紀行
 1719年にやってきた朝鮮通信使の記録、『海遊録』(1974年初版・(株)平凡社発行)が出版されているので、その一部を分かりやすく紹介します。
 「鞆の浦は備後の国にある。宿舎は福禅寺である。船から降りると、道には敷物がしかれ、塵(ちり)ひとつない。道の両側には、五歩ごとに一本の竿を立て、竿には大きな提灯(ちょうちん)をかけている。夜なのにまるで昼のように明るい。」
 これによって、港から福禅寺・対潮楼までは、赤い毛せんや敷物を敷いて提灯で飾り、通信使を大歓迎したようすがよくわかります。
 また、通信使をもてなす御馳走も、行く先々で競われました。鞆の浦でも、1,000人もの食料を集めるのに苦心したらしく、「鶏を460羽、雉(きじ)を80羽用意した」という記録が残っています。このような心のこもったもてなしが、長い旅を続けた通信使一行の疲れをいやしたことは言うまでもありません。
 
 
朝鮮通信使饗応(きょうおう)食器(復元)
〔写真パネル展示〕
(近江八幡市・本願寺八幡別院蔵)
朝鮮通信使を料理でもてなすため、わざわざ信楽焼の食器を特別に作りました。
 
 
江戸城内応接図巻(福禅寺蔵)
江戸城で通信使をもてなす場面が描かれています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,349位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
8,125

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
7.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
8.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.Shipbuilding and Marine Engineering in Japan 2003
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から