日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 芸術 > 諸芸.娯楽 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:海の日フェア

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


◎平成14年7月27日(土)
海の日フェア講演会
演題 「海の自然環境と生き物たち」
講師 千葉県立中央博物館 副館長 望月賢二氏
 
 海は地球全体を覆う大きなシステムで、房総の海はその一部を構成しています。この大きなシステムと房総の海がもつ多様な自然の特徴についてみたあと、そこに住む生物について、現在の環境問題とのかかわりを考えながら、スライドなどで紹介します。
 
 
日時: 平成14年7月27日(土) 午後2時〜4時(午後1時30分から受付)
会場: 千葉県立安房博物館 会議室
募集人数: 一般80人
参加費: 無料
申込方法: 当館まで電話でお申し込み下さい。
 
◎平成14年7月28日(日)
地曳網(じびきあみ)と魚の観察
●協力
 山正丸
 
 地曳網漁は江戸時代の初期から行われてきた、房総半島を代表する伝統的な網漁です。地曳網と魚の観察では、この地曳網漁を実際に体験します。さらに、地曳網で捕れた色々な魚を直接観察し、館山湾の魚についても勉強します。
 
地曳網漁を体験します。
 
博物館職員が魚について説明します。
 
日時: 平成14年7月28日(日)午前10時〜12時(午前9時30分から受付)
会場: 館山市営市民運動場前の海岸(那古海岸)
募集対象・人数: 小学生以上80人(小学1〜3年生は保護者の同伴が必要。)
参加費: 500円(保険料・当日受付で徴収します。)
持ち物・服装: 濡れてもよい服装、軍手、帽子、水筒(飲み物)、雨具(なお、漁獲物が多い場合は、参加者に配布します。ご希望の方は、氷とクーラーをご用意下さい。)
申込方法: 往復葉書に参加者全員の住所、氏名、年齢、電話番号及び返信用部分の宛先をご記入の上、安房博物館までお送りください。申し込みの締め切りは、平成14年7月20日(土)必着。なお、一枚の葉書での申し込みは、最高3名までとします。また、当日の集合場所は、返信用葉書でご案内いたします。
 
◎平成14年7月13日(土)〜8月18日(日)
第10回 千葉県立美術館・博物館合同企画展
「房総の漁(すなどり)―海と川―」を開催しております。あわせてご覧ください。
※企画展期間中は休館日はありません。
 
千葉県立 安房博物館
〒294−0036 千葉県館山市館山1564−1
TEL 0470−22−8608 FAX 0470−22−8696
 
●平成14年7月1日(月)から受付を開始します。
 
※平成14年7月20(土)から8月18日(日)の土・日曜日は午後7時まで開館します。
 
 
 この事業は社団法人関東海事広報協会・財団法人日本海事広報協会と共同企画したものです。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,305位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
673

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.「泣き虫桃太郎」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から