日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6・4 IEC 61097−7規格(音響用)概要
 GMDSS(全世界海難救助システム)に関する規格のパート7として、船舶VHF無線電話の送受信機について、操作及び要求性能、機器の試験の方法と所要試験結果についての規格がまとめられている。IEC 60945規格(次項参照)と本規格の要求性能と異なる場合は本規格を優先する。
 ここでは、本規格に定義されている主な項目とその内容の概略を表6・13に掲げる。なお項目番号は原文に一致している。
 
表6・13 IEC61097−7規格(音響用)に定義されている項目等の一覧
項目 内容
3. VHF無線機に要求される性能
3.1 はじめに 3章の内容
3.2 一般的な性能 チャンネル数、送受信周波数の分離、呼出しのカテゴリー等の要件
3.3 要求される性能 ●最低限必要とされる機器の構成
●制御器が複数の場合の取り決めなど
●動作の状態など表示するべき内容や表示方法など
●送受話器の音量や出力の切替方法など
●チャンネルや送受信の切替時間
●アンテナ端子の状態によらず機器に影響を与えない安全性
●受信機が使用するチャンネル番号と周波数など
●ウォーミングアップ時間
●ディジタル選択呼出し(DSC:Digital Selective Calling)設備など
●外部機器とのインターフェースなど
●複数待ち受けの場合の優先チャンネルと追加チャンネルのスキャニング方法など
3.4 周辺に求められる環境と電磁環境の両立性(EMC:Electro Magnetic Compatibility) IEC60945を参照のこと
4. 要求される技術特性
4.1 一般的な特性 ●チャンネル間の周波数の差など
●二重あるいは半二重システムの場合やDSCを使用している場合の機器の機能など
4.2 エミッション(放射)のクラスと変調特性 ●送信のクラス
●必要とされる帯域幅など
4.3 送信器 ●周波数許容誤差
●送信出力の範囲など
●周波数の偏差の限度
●音声周波数の上限など
●スプリアス発生の限度など
4.4 受信器 ●受信機の最大感度
●近接チャンネルの選択性
●スプリアスに対する応答を拒否する特性など
●変調による減衰の限度
●スプリアス発射の限度
●複数待ち受け機能のスキャニング特性とチャンネル表示など
4.5 DSC機器 ●DSC機器の構成
5. 試験の方法と要求される結果
5.1 試験の条件 ●通常の試験、過酷な条件の試験
●試験に使用する電源
●過酷な温度条件における試験の手順
●動作の確認
●環境試験
●不特定の状態における試験
5.2 計測の一般的な条件 ●受信機に入力される試験信号
●受信機スケルチ機能
●通常試験の変調
●模擬アンテナ
●送信機に入力される試験信号
●送信器の出力
●二重方式のフィルタを装備した機器の試験
●試験するチャンネル
●不確定な計測値など
5.3 一般的な要件 ●スイッチ切替時間など
5.4 送信器 ●周波数の誤差
●搬送波の出力
●周波数の偏差
●変調器の限界特性
●マイクも含めた変調器の感度
●音声周波数の応答
●音声周波数の高調波ひずみのエミッション
●隣接するチャンネルの影響
●アンテナに伝えられる伝導スプリアスのエミッション
●送信器の変調による誤差
●周波数の瞬間的な変化における送信器の応答など
5.5 受信器 ●高調波によるひずみとカタログ値における音声周波数の出力
●音声周波数の特性
●使用可能な最大感度
●チャンネル相互の周波数分離
●隣接チャンネルの選択性
●スプリアスに対する応答を拒否する特性
●不必要な信号があっても、必要な変調信号を受信する受信機の能力
●不要な信号による音声出力の変化やS/N比の劣化(ブロッキング)
●アンテナに伝えられる伝導スプリアスのエミッション
●受信機のリミッタの増幅特性
●高周波による雑音および電源のスプリアスで生じる雑音のレベル
●スケルチの機能
●スケルチのヒステリシス
●複数待ち受けのスキャニング特性など
5.6 二重方式の動作 ●音響のフィードバック
●送信時の受信機の感度の減少と受信の状態
●スプリアスに対する応答を拒否する特性など
5.7 DSCの動作 ITU−RおよびIEC61097−3を参照のこと
5.8 電磁環境両立性 ●伝導スプリアスのエミッション
●放射スプリアスのエミッション
●電磁環境へのイミュニティ(耐性)など
詳細はIEC60945を参照のこと







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
211位
(31,386成果物中)

成果物アクセス数
52,497

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月20日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から