日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6・3・2 RS−422
 RS−232Cに比べて高速で遠くまでデータ通信が可能である。主な特徴を表6・10にまとめる。
 
表6・10 RS−422の特徴
接続可能台数 トーカ1 リスナ10
最長距離 100Kbpsで1200m
最大データ長 15mで10Mbps
信号化 平衡
論理値1 2V最小 6V最大
論理値0 2V最小 6V最大
入力レベル最小感度 0.2V差
出力電流 150mA
 
 この規格ではグランドから独立した2本の信号線を引いて、片方の電圧が高いとき、残りの片方を低くするようになっている。受信側では2本の電圧を比較してデータの0か1かを得るため、電圧降下などによって電圧差が減っても誤りが少ない。
 高周波の信号の歪みや減衰を避けるために、トーカから最も遠くにあるリスナの入力間に終端抵抗をつける必要がある。またトーカの未使用のピンは出力を固定するために、入力端子(TTL入力側)をGND、若しくはVccに接続し、リスナの未使用のピンは、フェイルセーフ回路を内蔵している場合はオープンのまま、内蔵していない場合は出力固定のためA入力をVcc、B入力をGNDに接続する必要がある。
 RS−422ではITU−T V.10あるいはX.26の15ピンのコネクタまたはMiniDIN8ピンが使われることが多い。MiniDIN8ピンはマッキントッシュのパソコンではモデムポートと呼ばれている。
 図6・8にコネクタの形状を、表6・11にピンの割り当てを示す。
図6・8 D−sub 15ピン(オス)とMiniDIN8ピンのピン配列
 
表6・11 RS−422のピンの割り当て
ピン番号 記号 方向 意味
2 T O 送信データ
4 R I 受信データ
8 G 信号接地または共通帰線
9 Ga O DTE共通帰線
11 Gb I DCE共通帰線
 
6・3・3 RS−485
 RS−422と基本的な部分は同じである。主な特徴を表6・12に示す。
 
表6・12 RS−485の特徴
接続可能台数 トーカ32 リスナ32
最長距離 100Kbpsで1200m
最大データ長 15mで10Mbps
信号化 平衡
論理値1 1.5V最小 5V最大
論理値0 1.5V最小 5V最大
入力レベル最小感度 0.2V差
出力電流 250mA
 
 信号線やコネクタも同じ仕様で互換性があるが、RS−422のトーカにはデータ衝突時の保護回路がないため、RS−485規格のシステム内で使用することはできない。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
210位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
53,175

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から