日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


4・2・5 承認図・工事図の作成
 システム構成図、入力点リスト、系統図等を承認図として取りまとめ、当該機関に承認提出を行う必要がある。
 承認の取得後、電路図、取り付け図、取り付け要領書、試験法案等を加え、工事図として使用する。
 
4・3 艤装工事要領
4・3・1 ケーブル等
(1)工事用材料及び部品
 ケーブル敷設材料は、ケーブルの支持材料、電線貫通金物、電線固縛材料等に分けられるが、VDRの艤装工事要領に関しては、基本的に、レーダー装備艤装工事編の蟻装工事要領と変わるところはないので、ここに詳細を記述するのは、省略する。また、ケーブルの導入部に於ける防水、防火措置、結線部品(圧着端子)等もレーダーの艤装工事要領と同様である。
(2)ケーブル
 VDRに使用される入力関連のケーブルは、ツイストペアのシールド線(TTYC−2S、TTYCS−2)、あるいは、接点信号の導入については、一般の多芯線(MPYC−)等、VDRメーカーの指定する電線を使用すること。また、電源線については、TPYC等の一般舶用ケーブルを使用すればよい。また、VDR機器間の接続等については、VDRメーカーが、コネクター付きの電線を供給することが多いので、電線長、壁、床等の貫通の方法等に注意して調整の必要がある。
 ケーブルの詳細内容、データについては、レーダー装備艤装工事編あるいは電装設計・工事データ・図表集等を参照されたい。
(3)接地用材料
 接地用材料に関してもレーダーの艤装工事要領と基本的に変わるところはない。具体的な接地工事要領に関しては、VDR供給者の指示に従って行うのがよい。
(4)ケーブルの布設
 ケーブルの布設に関しては、ケーブルの難燃性を損なわぬよう布設する点及びノイズの影響を受けにくくするよう布設する点等、基本的にレーダーの艤装工事要領と変わるところはない。電線布設の際の一般的注意事項、敏感電路としての注意事項・布設方法、電線支持及び固定の方法、甲板、隔壁の貫通等レーダー装備艤装工事編を参照願いたい。
(5)ケーブルの端末処理要領
 ケーブルの端末処理要領に関しても基本的にレーダーの艤装工事要領と変わるところはない。電線さばき部の処理、端末結線処理、圧着端子の取り付け等、レーダー装備艤装工事編を参照願いたい。
 VDR入力関係の接続に関しては、RS422、RS232C等のコネクター(D−sub9ピン等)が数多く使用されることとなるため、VDR供給者に電線長を指定することにより電線にコネクターを付属した状態で供給させることもできる。この場合は、艤装工事中の、コネクターの破損からの保護、あるいは、防水、防錆に配慮するなど、工事中のコネクター保護を十分に注意する必要がある。電線を工事業者が手配を行い布設する場合は、コネクターの結線処理(端子盤での接続もあるが、通常は、はんだ付け)が必要となる。
 
4・3・2 機器の取り付け
 具体的な機器の取り付けの参考用に、一例を、メーカー図に従って示す。
(1)保護カプセル
(A)保護カプセル及び接続箱 図4・6
 保護カプセルの設置用機器台のほか取り付けねじ等の情報を含む、また、接続箱との接続についても実体的に示している。接続箱と保護カプセルの間の電線は、3mとして提供されるため、配置には、これを考慮のこと。
(B)保護カプセル詳細図 図4・7
 保護カプセルの外形、取り付け穴の位置等、詳細が記述されている。
(C)保護カプセル用接続箱詳細図 図4・8
 接続箱の外形、取り付け穴位置等、詳細が記述されている。
(D)保護カプセル用接続箱接続図 図4・9
 保護カプセルと、接続箱の接続を具体的に示すものである。
(E)保護カプセル配置要件 図4・10
 保護カプセルの配置に関して、メインテナンススペース、保護カプセルを離脱させるのに必要なスペースを示している。保護カプセルの配置には、斜線で示される区画に他の機器が設置されることがないよう配慮する必要がある。
(2)主パネル 図4・11
 主パネルに関して、ドア開閉、サイドパネル取り外し用メインテナンススペースを斜線の区画で示している、また、電線導入口、取り付け穴の位置等の配置要件を示す。
(3)副パネル 図4・12
 主パネル同様、副パネルに関して、フロントパネル取り外し用メインテナンススペースを斜線の区画で示している、また、取り付け穴の位置等の配置要件を示す。
(4)マイクユニット 図4・13
 壁面埋め込み型のマイクユニットの例を示す。操舵室の指揮場所用として、操舵室前壁、あるいは、天井等に取り付けて使用する。
 
(拡大画面:99KB)
図4・6 保護カプセル及び接続箱
 
(拡大画面:48KB)
図4・7 保護カプセル詳細図
 
(拡大画面:64KB)
図4・8 保護カプセル用接続箱詳細図
 
(拡大画面:43KB)
図4・9 保護カプセル用接続箱接続図
 
 ターミナル1、6及び8(接地マーク付き)は、内部で端子盤固定用のレールに接続される。このレールそのものは、船体に接続箱を経由して接地される。
 VDRデータ収集装置から、この装置単独用の電源として、直流18−32V、100Wを供給する。この電源は、直流の負極側を、接続箱内で接地するため、その供給には、絶縁トランスを使用する必要がある。負極側の接地は、上記のとおり接続箱の中で行われるため、それ以外の場所では接地を行わないこと。これらの接続箱に必要な部品類は、VDR供給者にて提供可能である。
 
(拡大画面:43KB)
図4・10 保護カプセル配置要件
 
(拡大画面:92KB)
図4・11 VDR主パネル
 
(拡大画面:76KB)
図4・12 VDR副パネル
 
(拡大画面:76KB)
図4・13 マイクユニット







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
210位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
53,966

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から