日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

船殻設計

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


3.6 工作との関係
3.6.1 リベット・シームの設置
 溶接構造の船体では、脆性破壊が船の断面全体に広がって瞬間的に船が切断するような事故を防止するため、船の中央部にリベット・シームを設けることになっているが、最近の溶接用鋼材と溶接技術の進歩により、リベットシームを省略することが多い。参考として第3.37図にリベットシームを設ける箇所を示した。
 
第3.37図 リベットシームを設ける箇所
(60<L≦120の場合)
 
3.6.2 ブロック分割の方針
 ブロック分割の方針は、造船所の設備能力(クレーン、組立て場所、置場)、工程をこなす能力、使用する船台の状況、建造方式などを十分考慮して決められるが、詳細は「船体工作法」を参照されたい。ブロック分割に当っては、(1)ブロックの形状が矩形または正方形に近く、突出部が少なく整った形状で(2)重量の極端なアンバランスのないこと、(3)運搬時の変形の少ないことなどが要求されるが、とくに構造図を画くに当っては板・型鋼の継手の位置をきめる必要がある。
 継手の位置をきめるに当っては、(1)搭載順序を考える、(2)船殻全体の作業量が最小となるように、(3)船台における取り付け作業が片側までまとまってできるように考える。たとえば第3.38図(a)、(b)、(c)、(d)、(e)のようにする。
3.6.3 切り抜き孔の注意事項
 詳しくは工作図を書く段階で指示すべき事項であか、セレーション、スカラップ、スロット、人孔および軽減孔、電線貫通孔、水切り孔、空気孔、ビルジ抜き孔などが構造図に表われるときは、工作を無視した図を画かないようにする。第3.39図にこれらの例を示す。
3.6.4 防撓材の端末の処理
 工作図を書く段階で詳しく指示すべき事項であるが、形鋼のフリーフランジの端末、フェースバーの端末は、相手部材に直付けするラグ・アタッチメントの場合を除き、すべてスニップまたはソフトトーとする。構造図ではスニップエンドはSで示し、スニップしないで直付けする箇所はC(クリップ)で示す。第3.40図に例を示す。
 
(a)上甲板
(なるべく整った形状)
 
(b)段付二重底
(なるべく凸出部を少なく)
 
(c)二重底、外板、上甲板ブロック
(最小の搭載で最大の固めを)
 
(d)二重底と船側(継手の数を最小に)
 
(e)二重底中心(作業量を最小に)
 
第3.38図 ブロック分割の例
 
(拡大画面:43KB)
第3.39図 孔と切欠きの工作基準一例
 
第3.40図 SとCの使い方の例







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
17位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
442,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.造船現図指導書(原寸型・定規)
2.アルミニウム合金船の設計・建造の要点
3.平成14年度通信教育造船科講座受講者募集のご案内
4.平成14年度通信教育造船科講座のしおり
5.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング(面接指導)実施要領
6.船殻設計(学習指導書)
7.平成14年度通信教育造船科講座添削問題
8.平成14年度通信教育造船科講座スクーリング試験問題
9.通信教育造船科講座正解集(平成14年度)
10.船殻ブロックのデジタル生産技術の基礎研究 成果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から