日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」 2002年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


バックナンバーのお知らせ
BACK NUMBER
 
 『さぁ、言おう』の最近6か月のバックナンバーの内容の一部をご紹介します。
詳しくは編集部までお問い合わせください。
 
『さぁ、言おう』2002年11月号
●挑戦―幸福づくり/人類の幸せにつながる仕組みづくり
●生き方・自分流/トーマス・C・カンサさん
●特集/それぞれが抱える“高齢化”
●ふれあい活動奮戦記/NPO法人ふれあい福祉北九州
●わたしの一歩/藤村 志保さん
 
 
『さぁ、言おう』2002年10月号
●挑戦―幸福づくり/自己存在の確認
●てい談/社会貢献教育に期待する 北城 恪太郎氏・見城 美枝子さん
●特集/トークアンケート特集「高齢社会と生涯学習」
●ふれあい活動奮戦記/河内長野たすけあい(大阪府)
●わたしの一歩/加賀美 幸子さん
 
 
『さぁ、言おう』2002年9月号
●挑戦―幸福づくり/したいことをする自由
●生き方・自分流/板橋 光さん
●特集/歩けなくっても街に出よう!
●ふれあい活動奮戦記/NPO法人ウィラブ北茨城(茨城県)
●わたしの一歩/鴬 信彦さん
 
 
『さぁ、言おう』2002年8月号
●挑戦―幸福づくり/構造改革の先の社会
●対談/地域福祉計画策定に向けて 川井 一心さん
●特集/“主権住民”の地域福祉計画の作り方
●ふれあい活動奮戦記/鳥取たすけあい(鳥取県)
●わたしの一歩/毛利 衛さん
 
 
『さぁ、言おう』2002年7月号
●挑戦―幸福づくり/人が生きる原点
●生き方・自分流/小栗 大造さん
●特集/課税されたふれあいボランティア
●ふれあい活動奮戦記/福祉サポートセンターかかみがはら(岐阜県)
●わたしの一歩/山崎 章郎さん
 
 
『さぁ、言おう』2002年6月号
●挑戦―幸福づくり/数億の仲間の協力で誕生した尊い生命
●インタビュー/長瀬 淑子さん
●特集/「市民参加型生涯学習システム」とは
●ふれあい活動奮戦記/NPO法人クローバー・サービス(京都府)
●わたしの一歩/野村 正樹さん
 
月刊『さぁ、言おう』は、“活動する”投稿情報冊子です。
12月号掲載記事連絡先
■NPO法人福祉サポートセンター さわやか岐阜みのじ
〒501−6104
岐阜県羽島郡柳津町本郷2−13
TEL/FAX 058(388)0609
■神奈川県立津久井浜高等学校
〒239−0843
神奈川県横須賀市津久井4−4−1
TEL 0468(48)2121
FAX 0468(48)8939
■NPO法人おもしろ科学たんけん工房
〒232−0063
神奈川県横浜市南区中里2−12−5
安田方
TEL/FAX 045(710)2679
■おたるエコマネー実行委員会
〒047−0032
北海道小樽市稲穂2−17−1 NTT小樽ビル1階
小樽まち育て情報センター
小樽情報ネットワーク事業協同組合内
TEL 0134(21)6633
FAX 0134(21)6634
編集後記
●この時期になるといつも書くことですが、今年も早、年末を迎えてしまいました。日本の経済不況は相変わらず、世界情勢も地域紛争・テロ事件が頻発しています。しかし・・・!決して暗いことばかりではないはずです。地域を温かいものにしたい、互いの個性を尊重した上で支え合える社会にしたい、そんな思いは年々力強く広まっている、そう思いませんか? 来年も皆様と一緒にさまざまな角度から「ふれあい社会づくり」を考えていきたいと思います。どうぞ良いお年をお迎えください。(し)
 
『さぁ、言おう』ご購読のご案内
『さぁ、言おう』を毎月ご自宅に、オフィスにお届けします!
 
たとえばさわやかパートナーとして・・・
 みんなで「新しいふれあい社会」を考える月間情報誌『さぁ、言おう』。さわやか福祉財団の賛助会員である「さわやかパートナー」にご入会いただいた皆様に毎月お送りしています。
 さわやかパートナーはさわやか福祉財団の活動を支援していただく制度です。年会費(個人)はAコース1万円、Bコース3千円で、いずれも『さぁ、言おう』購読料を含んでいます。(両コースに特典の違いなどはありません。皆様に無理のないよう2種類の金額を設けています)。お申し込みは巻末に綴じ込みの赤い払込票がご利用できます。(法人会員については別途お問い合わせください)。
たとえば年間購読制度を利用して
 『さぁ、言おう』には年間購読制度もあります。金額は送料込みで年額3000円です。職場の中で皆さんでどうぞご愛読ください。
たとえばプレゼント登録して郷里の両親に・・・
 『さぁ、言おう』を離れて暮らすご両親あるいはお子さんたちへ、あるいはお知り合いなどご指定の方にお届けします。「“さわやかパートナー”をプレゼントしたいので」あるいは「定期購読をプレゼントしたいので」などうれしい問い合わせが届きます。お金を出す方と送付先の方が違う場合のご活用方法です。
 
問い合わせ先
さわやか福祉財団
TEL 03(5470)7751
E−mail
mail@sawayakazaidan.or.jp
(財団運営グループあるいは『さぁ、言おう』編集部までお気軽にお問い合わせください)
 
ひとりごと No.88 堀田 力
(拡大画面:83KB)
 
あなたの町のふれあい・助け合い
毎号全国の在宅福祉サービス団体数をご紹介しています
 
(拡大画面:68KB)
ブロック別在宅福祉サービス団体数
東北ブロック
青森県 13( 2)
岩手県 25( 2)
宮城県 33( 4)
秋田県 17( 5)
山形県 25( 8)
福島県 42( 3)
合計 155(24)
(さわやか福祉財団調べ)
 
ふれあいだより
●NPO法人ほっとあい
(宮城県柴田郡大河原町字田279−1 TEL/FAX 0224−52−8555)
 
 「ほっとする」「助け合い」「あったかい」「愛」が、「ほっとあい」の名称に込められた思いです。介護保険にも取り組んでいます。その理由は、「トータルで利用者にかかわることが、その人がその人らしく過ごせることにつながる」という思いから。介護保険事業以外の活動として行っている「ほっとあいの家」は、地域の高校生もボランティアで参加。世代を超えた会員同士のホットな交流の場です。最近、近隣に、ほっとあいの活動を参考に小規模事業所ができました。これからも地域の様々なNPOや学生、行政、企業などとネットワークをつくりながら、相互扶助の助け合いの輪を広げていきたいとのことでした。
【主な活動】助け合い活動:ホームヘルプサービス、移送サービス、ほっとあいの家/介護保険事業:居宅介護支援事業、訪問介護サービス







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,851位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
1,553

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」 2002年8月号
2.情報誌「さぁ、言おう」 2002年9月号
3.情報誌「さぁ、言おう」 2002年10月号
4.情報誌「さぁ、言おう」 2002年11月号
5.情報誌「さぁ、言おう」 2003年1月号
6.情報誌「さぁ、言おう」 2003年2月号
7.情報誌「さぁ、言おう」 2003年3月号
8.情報誌「さぁ、言おう」 2002年4月号
9.情報誌「さぁ、言おう」 2002年5月号
10.情報誌「さぁ、言おう」 2002年7月号
11.情報誌「さぁ、言おう」 2002年6月号
12.「ワールド シー ワールド 春」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から