日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」 2002年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


みんなの広場
群馬県に「さわやかな風」を吹かせます
大島マサ江さん 55歳 群馬県
 
 無認可小規模作業所の職員として、障害を持つ人とともに地域で暮らせるまちづくりに取り組み続けて17年。“人を育てる”時間と能力がなく、「おかげさまで」の精神でやってきたら、支援は無料で無限にあるものと勘違いをされてしまいました。
 突進しすぎ、年齢のことも考えず、1年間の休息を得て、「さて!」と動き始め、本当に自分でやりたい事をやろうと、6月1日、NPO法人さわやかな風の設立にこぎつけました。どうしても「さわやか」を入れたかったのです。事業内容は、「井戸端サロン」。誰でも100円で利用できる「たまり場」を開設します。別名“シャッター通り”という程に街中がさびれてきた小さな町です。自分で歩いて来たり、好きに帰ったりできるように・・・町のあっちこっちに作りたいと、大きな夢で楽しんでおります。
 
さわやかな風は、しあわせの風
夢の一歩
これから男さん 65歳
 
 どんな小さな会合でも、一言言うには勇気がいります。まして、何か一つのことをみんなと協力して立ち上げるなんて出来ないと思っている人がほとんどです。しかし、『さぁ、言おう』を拝読すると、夢のように思っていることが、すぐ実現できるような錯覚に陥ります。夢を現実に思わせ、取り組みに参考になるものばかりです。特集を読みながら、課税されるぐらいになればいいなあーなんて、またまた夢を見ています。
 本誌を拝読するようになり1年近くなります。リタイアし、毎日過ごしていると何かしなければいけない、これでは人生がもったいないと思うようになります。本誌に自分が思っているような記事や、やってみたいと思っている活動が掲載されていると、読んだだけで、何だか自分もその気になってやっているような気分になっていました。
 ところが、7月号の「老いのロマンが咲かせた・・・」の記事を読んで感動を超えて、「今からやれる」「何かしなければ」という強い思いになりました。そして活動奮戦記「かかみがはら」の記事は、地域コミュニティーと一体になって・・・と、活動意欲を奮い立たせました。
 現在「地域アニメーター」の会をつくり、会員と話し合っていますが、何かーつでも実行できればと思いつつ5年が過ぎています。「小さなデイサロン」、入会者1人でいいから始めたいと思い、次の会に提案したいと思っています(ここに公言したことで、実現への意欲が確実なものになりました)。いつか、実現の記事投稿を夢みながら・・・。
 
待っています。
夢は仲間と一緒に・・・
石田 千恵子さん 54歳 富山県
 
 常々「子どもの足を引っ張るようなことはしたくない」等と話し合っている仲間は、老後の資金の全くない仲間です。Aさんは脱サラで自宅で塾を開いて20年、生活と子育てで貯金をする余裕はなかったそうです。
Bさんは自営の電気工事屋さん。勤めていた小さな工事店が倒産した時わずかな退職金さえもらえなかったとか。AさんBさん、共働きです。
 C子さんは未亡人。ご主人が糖尿病で10年も入退院を繰り返してから亡くなられました。「お金なんかある訳ない」と笑って言われます。今は老人病院でヘルパーをしています。
 皆正直者で人の善い私達の仲間は、グループリビングに何百万も出せるような資金はありません。でも何とか工夫をして大きな家でも借りて将来は一緒に暮らそうねと話し合っている50代中頃の仲良し組みです。
 
仲間が財産です。
 
information
さわやか福祉財団
年度スケジュールのご紹介
研修会・イベント等のお知らせ
 
 さわやか福祉財団では、新しいふれあい社会づくりを目指して、多方面から様々な事業を行っています。年度中に行う研修会・諸イベント等のうち主なものを順次ご紹介します。詳細等ご関心のある方はどうぞお気軽にお問い合わせください。
(なお、財団ホームページでも併せて詳細等をご紹介しています。→http://www.sawayakazaidan.or.jp
 
組織づくり支援グループ
「地域たすけあい研修会」(リーダー研修会)
 地域のボランティア普及啓発と団体設立促進に向けた研修会。30か所程度を予定し、全国で開催中。(以下は日程が明らかになっているものの一部です)
11月9日(土)埼玉県日山町
11月10日(日)京都市
11月17日(日)北海道滝川市
「ふれあい活動実践研修会」(団体設立に向げた研修会)
 全国で50回の開催予定。各地で開催中。
「時間通貨フォーラム」
 ふれあい支え合いのきっかけづくりとして時間通貨をテーマに開催するフォーラム。「タイムダラー」創始者エドガー・カーン博士(米国)と堀田力との対談他。
10月19日(土)東京都千代田区 主婦会館プラザエフ
 
地域協同推進プロジェクト
「地域協同推進シンポジウム」
 さまざまな団体等が地域で「協同」して助け合いを進めてくための啓発普及シンポジウム。
11月18日(月)兵庫県神戸市
2003年1月23日(木)熊本市
 
社会参加システム推進グループ
「サッカーさわやか広場」
10月27日(日)福井県鯖江市
「ワークショップ」(勤労者マルチライフ支援事業)
 中高年勤労者(退職者を含む)を対象にしたワークショップ。東京、愛知で開催予定(各地域20名程度)。
 
ふれあい社会づくりグループ
「介護相談員養成研修会」
 東京、大阪、神戸の3か所で6回予定で開催中。利用者の立場に立って、問題発見・提案解決するボランティア介護相談員の研修(参加要件あり)。
 
グループホーム推進グループ
「映画とフォーラムから考える!自立と共生の新しい『すまい方』」
11月22日(金〉群馬県前橋市
12月3白(火)宮城県仙台市
12月10日(火)広島市
 
広報・企画グループ
「さわやか福祉財団交流総会」
2003年2月19日(水)
 
*なお、内容は変更となる場合があります。具体的お問い合せは各グループ・プロジェクト担当までお願いします。
→TEL03(5470)7751







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,790位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,797

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」 2002年8月号
2.情報誌「さぁ、言おう」 2002年9月号
3.情報誌「さぁ、言おう」 2002年11月号
4.情報誌「さぁ、言おう」 2002年12月号
5.情報誌「さぁ、言おう」 2003年1月号
6.情報誌「さぁ、言おう」 2003年2月号
7.情報誌「さぁ、言おう」 2003年3月号
8.情報誌「さぁ、言おう」 2002年4月号
9.情報誌「さぁ、言おう」 2002年5月号
10.情報誌「さぁ、言おう」 2002年7月号
11.情報誌「さぁ、言おう」 2002年6月号
12.「ワールド シー ワールド 春」写真
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から