日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

盲導犬訓練士養成テキスト

 事業名 盲導犬訓練士養成テキストの作成
 団体名 日本盲導犬協会 注目度注目度5


5. 視覚障害者の見え方
 
図5−1 正常の見え方
 
図5−2 ピントが合わない見え方
 
図5−3 求心性視野狭窄
 
図5−4 中心暗点
 
図5−5 左半盲
 
図5−6 羞明
 
 実際には視力や視野の状態も千差万別でひとりとして同じ見え方、見えにくさはありませんが、想像しやすいように図に示してみました。1)屈折異常によるピントがあわない見えかた(図5−2)2)真中に狭く視野が残っている(求心性視野狭窄:図5−2)ので、真中は見えて視力は比較的よいものの周りがみえない状態(図5−3)3)真中は見えないため視力値は低いが周りは見えている状態(中心暗点:図5−4)4)左右上下の半分が見えていない状態(図5−5は左半盲)5)まぶしくてはっきりしない状態(羞明:図5−6)
 これまでのテキストでは見えない部分(暗点)が黒く示されているものがほとんどでした。しかし、決して黒いわけではなく「ない」のだそうです。晴眼者にもマリオット盲点(マ盲点)といって見えない場所(暗点)があります。ただし、このマ盲点を自覚しているひとはほとんどいません。私自身、視覚障害のある友人に「マ盲点は見えますか、黒いですか」と聞かれてはっとしました。
 「見えにくい場所が黒く見えていれば黒くないところで見ることが自然にできるでしょう」が、「見えにくい場所がわからないため、見えにくい場所で見ている」ことが多いようです。視覚に障害のあるかたの見え方やそのことによる行動を想像(理解)するための重要なヒントのひとつが「暗点は決して黒いわけではなく『ない』ということ」の理解です。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
255位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
41,166

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.「盲導犬啓発キャンペーン」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から