日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3S級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3)空気始動
 空気始動は主に中大形ディーゼルエンジンに採用されており、空気槽に蓄えられた圧縮空気を使用してエンジンを始動させるもので、圧縮空気を、ピストンの上部に送り、その膨張力によってピストンを勢いよく押し下げてクランク軸を廻し始動させる方式と、電気始動用のスターティングモータの代わりにエアモータを使用して始動させる方式とがある。
(1)空気始動(圧縮空気でピストンを押し下げる方式)
 空気槽(エアタンク)、分配弁、始動弁で構成されているものと、別に操縦弁と塞止弁を追加したものとがある。
 始動空気の流れは、下記の2種類に大別される。2・232図にその一例を示す。
 
(拡大画面:100KB)
(注)太い線は主空気の流れを示す。
2・232図 空気始動装置の構成と圧縮空気の流れ
 
 なお、操縦弁及び塞止弁が設けられて無い機関は、エアタンクからの空気が、直接※印部に入るためエアタンクの始動ハンドルを開ければ即エンジンは始動する。従って始動後は急ぎタンクの始動ハンドルを閉めねばならない。
 
 
(2)空気始動(エアスタータによる方式)
 エアスタータによる始動方式は、電気始動方式のスターティングモータの代わりにエアモータを使用した方式で2・233図に示すような部品で構成されており、エアタンクの圧縮空気は、減圧弁により0.6〜0.9MPa(6〜9kgf/cm2)程度に減圧され、フィルタで濾過された後、オイラを通過する。
 オイラは自動的に潤滑油を噴霧状にして圧縮空気に混合させる。この圧縮空気がスタータの給気口より入ってスタータを駆動し、消音器を経て放出される。
 
(拡大画面:21KB)
2・233図 始動装置と空気の流れ







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
1,416,596

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から