日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


2. 高速エンジン
1)いすゞマリンエンジンUM6WG1UTCG・UTCX型
いすゞ白動車株式会社
 
 近年の小型船舶市場における、船体の大型化、高速化傾向に伴い、エンジンの高出力化に対する要求はさらに増大しつつある。同時に環境問題に対する要求も大きく変化してきており黒煙、青白煙の排出抑制が、従来にも増して強く求められるようになった。
その要求にこたえるべく、当社が長年の実績と豊富な経験によって培ってきた技術力を結集して完成させた新型マリンエンジンUM6WGlUTCGは、従来より当社マリンエンジンの持ち味である、軽量・コンパクト・高経済性を堅持しつつ漁船法120クラストップの最大出力588kw(800PS)(限定軽作業出力仕様)を実現致しました。また高出力&高経済性という相対する2つを高次元でバランスさせたUM6WGlUTCXは最大出力537kw(730PS)を誇ります。
 
<特長>
1. 性能
◎高出力を支えるOHC 24VALVE
 吸・排気バルブのカムシャフトをシリンダーヘッド上部に配置(OHC・・・オーバーヘッドカムシャフト)すると共に、吸・排気バルブを1気筒あたり4バルブ化し24バルブとすることにより、吸排気効率及び燃焼効率が向上、クリーンな燃焼と余裕のパワーを実現しました。
◎クリーンな燃焼を支える燃料噴射機構
 燃料噴射ポンプに新開発の高噴射率カム及び大容量の燃料供給システムを採用しました。
またブーストコンペセータの装着により、加速時でも燃料噴射量を最適に制御しています。
また、インジェクターは、従来より定評のあるS型1段ノズルの噴口部砥粒研磨加工を施したエクストゥールード型インジェクターを採用、より高噴射を可能にしましたので、クリーンな燃焼とハイパワーを実現しました。
◎余裕のパワーを発揮する、高効率の過給システム
回転全域において高いブースト圧を確保する為、高圧力比で高効率のターボチャージャーを採用しました。また高効率の海水冷却型プレートフィン付多管式インタークーラーにより過給温度を最適化することにより、あらゆる作業域で余裕のパワーを発揮します。
ターボチャージャー断面図
 
◎環境に優しい最適な燃焼を実現したピストン形状
 丸型リエントラントヘそ付燃焼室を採用、燃焼シュミレーションによる最適スワール保持形状により燃焼の最適化を行い、黒煙排出と長時間アイドル回転時の青白煙排出を抑制しました。
◎高い経済性を実現するツインフローシステム
 インテークマニホールド・エキゾーストマニホールド共に前後3気筒を分割したツインフローシステムを採用、コンピュータシュミレーションにより低速から高速まで余裕のパワーと高い経済性を実現しました。
ピストン燃焼室形状
 
2. 耐久信頼性
◎捩じり振動を低減するクランクシャフトダンパ
 クランクシャフトダンパに大容量のビスカスダンパを採用しました、回転全域の振り振動の低減を図りました。
 
(拡大画面:71KB)
エキゾーストマニホールド断面図
 
◎高出力を支え、高い耐久性を誇る潤滑系統
 クーリングチャンネル付ピストンでオイルリングジェットによる燃焼室回りの強制冷却を行うと共に、ピストンリングはトップリングをステンレス製フルキーストンとする4本リングの採用でより少ないオイル消費及びブローバイガス排出量を実現しました。
また、コンロッド小端ブッシュ回りも強制潤滑により潤滑の最適化を行いました。
また、大容量最大64Lのオイルパンを採用し、オイル劣化の防止を図ると共に、オイルフィルタ及び燃料フィルタを2連型の大容量フィルタとしました。
 
(拡大画面:63KB)
クランクねじりに対するダンバの効果
3. 機能性
◎大容量のF.PTO
 漁労機器の大容量化に対応出来るように、クランクシャフトの前端のプーリから大容量の動力取出しが可能となるようにギアケースカバーにインローを設け、最大452PS(180kgf・m)/1800rpmのトルク取出しを可能にしました。
 
(拡大画面:156KB)
フロントPTO
 
UM6WG1UTCG・UTCX主要諸元  
機関名称 UM6WG1UTCG UM6WG1UTCX
仕様 限定軽作業出力仕様 標準出力仕様
シリンダー数−内径(φ)×行程(mm) 6−142.9×154
排気量(cc) 14,819
漁船法馬力数 120
呼称馬力(J.C.I連続定格)kw(PS)/rpm 519(705)/2060 471(640)/2060
許容最大出力kw(PS)/rpm[F/W軸端] 588(800)/2100 537(730)/2100
無負荷最低回転速度 rpm 600
燃焼方式 直接噴射式
潤滑方式 強制潤滑
冷却方式 海水間接清水冷却
乾燥重量 kg(マリンギア含) 2,085
全長×全幅×全高 mm 2,064.5×1,079×1,337
始動方式 電動式
スタータ(V−kw) 24−7.4
ジェネレータ(V−A) 24−50
バッテリー×数 190H52×2
逆転減速機(油圧式) MGN80X
減速比 1.79, 1.97, 2.52, 2.96, 3.32
プロペラ回転方向 艫側よりみて右
据付最大傾斜角 12°
使用燃料 軽油 軽油又はA重油







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
143位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
89,364

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.3S級舶用機関整備士指導書
8.1級舶用機関整備士問題集
9.2級舶用機関整備士問題集
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から