日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋教室体験学習ハンドブック

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


17. 溶存酸素(DO)を測ってみよう
【使用する道具】試薬(しやく)
 溶存酸素(ようぞんさんそ)とは、水の中にどれだけの量の酸素が溶け込んでいるかを表すものです。酸素は、陸上に住む生き物だけでなく、魚や貝などの水中の生き物にとっても大切なものです。
 水中に汚れの原因となる有機物がたくさん含まれていると、微生物がこれらを分解するときにたくさんの酸素を使ってしまうため、溶存酸素の量は少なくなります。
 溶存酸素が少なくなると、生き物に酸素が十分に行き渡らずに、酸欠状態になります。
 
 簡単な溶存酸素の測り方として、試薬を使うものがあります。
 
ケメットDO計の場合
 アンプル(ガラスビン)の中に試薬が入っています。これから調べる水の中で、アンプルの先を折ります。水がアンプルの中に吸い上げられるので、アンプルをよく振って標準色と比べて溶存酸素を測ります。
 
ポナールキットDO(今回使用する方法)
 一定の量の水に、4種類の錠剤になった試薬を加えて測ります。最後に加える錠剤の数で濃度を決めます。
 
(1)海水をビンいっぱいにとり、A錠(1つ)を入れて溶かします。
 
(2)B錠(1つ)を加えて溶かし、2〜3分おきます。しばらくすると、黄褐色(おうかっしょく)に変わります。
 
(3)C錠(2つ)を加えて溶かし、2〜3分すると、紫色(むらさきいろ)になります。
 
(4)D錠を1つずつ、淡黄色(たんおうしょく)になるまで加えます。
 
 D錠を入れた数で、ppm(ピーピーエム)を求めます。(1錠=1ppm)水が汚れているほど、錠剤の数が多くなります。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,877位
(35,179成果物中)

成果物アクセス数
5,332

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年10月1日

関連する他の成果物

1.講演会の開催 「平成14年度海事講演会海船セミナー2002」講演録
2.東京湾シップウォッチングパスポート
3.船の科学館 資料ガイド3 南極観測船 宗谷
4.船の科学館 もの知りシート
5.船の科学館 リーフレット
6.海事科学知識の普及啓蒙活動 写真
7.音声ガイドの使い方
8.船の科学館 音声ガイド 原稿
9.船の科学館 音声ガイド 原稿
10.船の科学館 音声ガイド 写真
11.音声ガイドシステム利用に係るアンケート調査報告書
12.マリンシアターの機器整備報告書
13.Q&Aシアターの機器整備報告書
14.シー&シップワールド及び青函ワールドの機器等の整備報告書・整備記念写真
15.操船シミュレーションの機器整備報告書
16.船長ロボットの機器整備点検報告書
17.「宗谷保存整備検討専門委員会」議事録
18.“宗谷”南極コーナー展示室エアコンの交換整備報告書
19.「ワールド シー ワールド 春・夏」報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から