日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【北朝鮮について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


◆九・一一テロで首脳外交も水の泡
 しかし、それにもかかわらず、北朝鮮は従来の政策を大きく変更しなかった。昨年七月末から二四日間、金正日委員長はシベリア鉄道を利用してロシアを訪問したし、プーチン大統領との会談では、米ロのABM(弾道弾迎撃ミサイル)条約に対する支持とミサイル発射実験の二〇〇三年までの凍結を明らかにし、シベリア鉄道と朝鮮半島(南北)縦断鉄道の連結に合意した。また、九月初めには、江沢民中国国家主席の北朝鮮訪問を実現した。これらの首脳外交は、いずれも、一〇月に予定されていたブッシュ大統領の日本、韓国訪問とアジア太平洋経済協力会議(APEC)での首脳会談(上海)を意識し、その後に再開されるべき米朝対話に備えるためのものであった。
 しかし、九月一一日に発生した米国中枢に対する同時多発テロ事件が金正日委員長の思惑を完全に粉砕してしまった。北朝鮮はテロ事件直後こそ迅速に反応し、翌日、「きわめて遺憾で悲劇的な事件」とする外務省談話を発表して、テロりズムに反対する立場を明確にした。しかし、米国が一〇月七日に「不朽の自由作戦」を発動し、アルカイダ組織とタリバン政権に対する軍事攻撃を開始すると、それが自国にまで拡大されることを警戒して、武力行使への反対を表明せざるを得なかったのである。
 北朝鮮指導部にとって、本年一月二九日のブッシュ大統領の一般教書演説はさらに衝撃的であった。なぜならば、それは単なる政策批判の域を越え、北朝鮮を「国民を飢えさせながら、ミサイルと大量殺傷兵器で武装する体制」であると非難し、イラク、イランと同列の「悪の枢軸」と規定したからである。若干の沈黙の後、二月一日、北朝鮮外務省はブッシュ発言を「事実上の宣戦布告」であると非難し、中央放送は金正日委員長による相次ぐ前線部隊の視察を報じた。
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
13位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
494,853

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【中国について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から