日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

アフリカにおける海洋放置船舶の実態

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  
 
2−2 ナミビア共和国
(拡大画面: 285 KB)
z0001_03.jpg
 ナミビア共和国は、アフリカ大陸南西部、南緯18度から29度に位置し、南太平洋に面している。海岸線は約1,500kmであるが、南半分は世界最古の砂漠と言われているナミブ砂漠、北半分はスケルトンコースト(一部は国立公園)で占められており、中央部に港湾都市ウォルビスベイがある。ナミビア沿岸にはベンゲラ潮流(Benguela Current System)という特殊な潮流があり、豊富なプランクトンを産出している。これは、海底を陸側に向けて流れる冷たく栄養分の高い海水がナミビア沿岸で海水表面に浮上し、沖に向かって海表を流れるもので、沖合いで暖かい海流とぶつかることにより、良好な漁場を形成している。このような例は他に北西アフリカ(モロッコ、モーリタニア沖)、カリフォルニア沖、ペルー沖でも見られる。
 ナミビアと日本とは漁業を通じた交流があり、日本のODAも水産無償資金協力が中心である。ナミビアの漁業資源省が所有・運航している漁業資源調査船「Welwitchia(ウェルウィッチア)」は、日本からナミビアへの無償資金協力(水産無償)案件として1994年に供与されたものである。建造造船所は、三保造船所である。(起工1993年8月25日、進水同年11月26日、竣工1994年1月3 1日)
 同船は、ナミビアの漁業資源の実態を把握し、資源の保全を行うための国の計画策定に必要なデータを収集している。主要寸法は、全長47.28m、垂線間長41.70m、幅8.30m、深さ4.00m、満載喫水3.25m、載貨重量283トン、総トン数490トン、満載航海速力11.5ノットである。
 海岸北部の「スケルトンコースト」は、一部は国立公園として人の出入りを厳しく管理されている地域で、人工の構造物はほとんどない。海岸と土漠が背中合わせとなった不思議な光景が続く一帯である。昔からこの地域で難破したり、座礁したりする船が多く、「骸骨海岸」という名もそこから来ているようである。ここは数百kmにもわたって避難港がなく、運良く海岸に乗り上げることができたとしてもそこで生存することも困難という極めて危険な地域であった。
 事前の調査で、この地域には、以下の船舶が難破し、放置されているという情報を入手したため、現地で確認することとした。
 「Winston」(1970)
 「South West Seal」(1976)
 「Atlantic Pride」(不明)
 「Luanda」(1969)
 「Montrose II」(1973)
 「Henrietta」(1968)
 「Atlantic」(1977)
 
 しかし、実際に現地を訪れて見ると、そもそも道路のないような地域であることから、これらすべての難破船の現場にたどり着くことができず(標識が整備されているわけではない)、現場で確認できたのは、「Winston」と「South West Seal」の2隻のみであった。考えてみると、難破船が集中しているとは言え、数十kmから数百kmもの離れた中で点在しているだけであり、大きな船体といえども、もともと広大な土地の中ではほんの砂粒のような存在でしかないのである。視界の中に必ず人工物が入るような日本の感覚ではなかなか理解しにくいが、アフリカでは放置船舶のような問題が大きな社会問題とならない背景がこのようなところからもよく分かる。
 因みに、ナミビアでは、宿泊施設、公共交通機関が発達していないことから、観光産業は未成熟であるものの、難破船は単なる荒涼とした風景にアクセントを添えるものとして、むしろ観光スポットとして資源的な扱いをされている。(今回の難破船に関する情報のほとんどは観光ガイドブックから得られている。)また、多くの難破船は、芸術的な写真の被写体として使われているし、絵画の主題に取り入れられることも多い。
 
海洋放置船舶の観察スポット
(ナミビア共和国)
 
● スケルトンコースト
(ナミビアの場合、港付近での放置船は見られないが、基本的に海難の起こりうる海岸線には放置船が多数あるものと思われる。)








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,499位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
6,041

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2001
2.東南アジア造船関連レポート20
3.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査報告書
4.東南アジア・オセアニア地域海事事情調査
5.カナダ造船業の現状と課題 ?今後のカナダ造船政策の見通し?
6.2000年度 欧州造船政策動向調査 ?欧州における韓国造船摩擦及び船価助成廃止に関する調査?
7.米国造船業に対する連邦政府の研究開発助成に関する調査 ?NSRP ASEの調査?
8.米国における高速船開発等の実態調査
9.米国舶用機械業界の現状についての分析調査事業報告書
10.米国内航バージ輸送の実態等調査報告書
11.マレーシア造船業との産業協力に関する調査報告書
12.クロアチア造船業の現状と展望
13.欧州舶用企業の企業戦略調査 ?機器システム供給能力の強化について?
14.中国造船業の概況 <中国漁船の現状及び検査>
15.中国造船業の概況 <北京・華南>
16.2001年度 欧州造船政策動向調査 ?欧州における韓国造船摩擦及び船価助成廃止に関する調査?
17.シリーズNo.7 オーシャン・ガバナンスと海上交通 ?東南アジアを中心として?
  [ 同じカテゴリの成果物 ]



この成果物について語り合う


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から