日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


青木 本日は、世界都市東京フォーラムの最後です。これまでに最初に岡本さんのイスタンブール、陣内さんのベニスのお話を聞いて、それから川本さんと森さんの東京のお話を聞きました。それから、国際シンポジウムで、N・ヤルマン先生のイスタンブールと東京の比較論、オスマン・トルコ時代の世界都市イスタンブールと。それから、駐英大使をしていらした藤井さんの、さまざまな赴任地での世界のほかの都市と比べた東京論、世界都市についてのお話をいろんな面から聞きました。今回は山室先生に「歴史と文化」にかかわる「亜細亜の世界都市」のお話をお願いします。山室先生は、満州国の研究で大変な業績を上げています。中国を中心としたアジア近代史がご専門です。

 

山室 これまでいろいろお話を伺い、大変、勉強になりました。うまくそれらの議論に重なるかどうかわかりませんが、「歴史と文化」の問題だけを今日は扱わせていただきます。

「亜細亜の世界都市」ですが、インドから東の地域について、お話しします。

フォーラムのご案内では、長安から始まった世界都市を、ということでしたので、その辺のことも少し考えて、とりわけ近代の日本が、アジアにおける世界都市であったことの意味をまとめて、こういう世界都市の様相があったことだけをお話しします。

 

I. 近代以前の東アジアの世界都市…長安から北京(燕京)まで

 

まず、近代以前の東アジアにおける世界都市は、長安と北京です。北京は、北平とか、いろいろな言い方があります。なぜ中国の長安から始まって、現在の北京までが世界都市であり得るのかといえば、「地大物博の天朝上国」というイデオロギーとともに、その実態があったからです。地大物博というのは、地が大きい、つまり版図が大きくて、そこにいろいろなものがあるということです。

中国の世界観念では、自分が一統垂裳というのです。垂裳はピラミッド型の成り立ちをしていて、その中心に中華があり、どんどん広がって特化されて、あらゆる地域が中国の地域の中に入ってくるという世界体制観念をとっていた。その中に、朋封体制といわれるものがあって、「漢奴之国王」とかいう藩の国王に、皇帝が任命する形をとる。そういう体制に入りますと、証として、朝貢をしなければならない。朝貢すると同時に、中国の年号、暦を使うことや、服制を同じくする。

朝貢とは、一般的に、何か貢ぎ物をすることです。その字面から、一方的に中国が搾取する印象を与えられるかもしれませんが、実態は全く逆で、朝貢すれば、それに数倍に当たるものを、回賜という形で中国が与えてくれる。文明をくれるわけです。

同時にまた、政治的な取引とともに、朝貢に行けば、必ず私貿易が許されるので、商人等がつき添っていって、長安なり北京の郊外で私貿易をする。それによって、中国にさまざまな世界中の文物が集まってくるとともに、情報や文物を持って帰れるということです。会典という中国の法律がありますが、どこの国は何回朝貢することなどと書いてあります。例えば、朝鮮の場合、2年に4回行くことになっていたりしますが、それ以外にまた、燕行使というのがあり、秋冬などに行って、中国の最新の文明を持って帰るシステムになっていた。

そういう体制ですから、出自を問わない官吏登用が行われました。一般的に、帝国が持っている1つの特徴です。オスマン帝国でも、ギリシャ、エジプト、オーストリア人を使ったりしたように、中国の場合もそうでした。

そこに書いた唐の晃衡は、阿倍仲麻呂、日本人の中国名で、彼は大詩人の李白とつき合いがあるし、高位高官まで進んだ。『唐詩選』にも、晃衡について歌った歌がかなりありますが、そういう形で、文明の交換を行う。

次は蒲寿庚という人のことです。今日は基本的に政都のことだけ話します。基本的に東アジアにおける世界都市としては交易が中心で泉州(福建省)などがあります。商売については、ある時期泉州のほうが世界都市であったとも言えます。さて、その蒲寿庚は、宋末から元初にかけての人ですが、アラビア人ないしペルシャ人と言われています。しかもムスリムです。税関の長とか、あの地域の大都督等に任じられています。ムスリムでペルシャ人であっても、中国の国家体制の中では大官になれるシステムがある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から