日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


藤井 文化の発信ですが、発信という言葉の意味は、東京が果たすべき役割は、文化をつくるということです。確かに日本は発信力が弱いが、文化をつくる場所は東京です。まさに映画祭がそうですが、どこでつくってもいい。でも、それを認めることが大事なんです。それを認めるところが東京で、それを応援していく。フィジカルだけでなく、価値、客観的な評価とか、そんな場所になっていくのが、発信ということです。日本文化があって、日本人だけで固めてつくって、それを発信するという意味ではない。

 

カオスをエンジョイする人たち

 

日下 インドのベンガル湾に面したカルドナタカ州カンナダ郡へ1週間行って来ました。カンナダ郡は、人口は180万人ですが、まず言語が4つある。トール語、カンナダ語、コンカニ語とマラヤラン語。それに方言がいっぱいくっついていて、山を越えたらもう通じない。宗教は、回教、ヒンズー教と、イギリスが残していったキリスト教とある。寺院が数多くある。仏教はあまりない。これに分派があり、前からの民族の神様のブーターとかジャイナとかを信じる人があちらこちらにいっぱいいるうえにカーストがある。町を歩いている人を見ると、服装、職業、言葉が違う。何もかも違う。それが重なり合って何10種類にもなっている。現地に滞在している日本の教授に見分けられるのですかと聞いたら、大体わかりますという。けんかもない、争いも何もない。モスクの大司教に、ここは宗教戦争はないのですかと聞いたら、「昔に済んでしまいました、キリスト教の人を我々のお祭りに呼ぶと来ます、我々もキリスト教のお祭りに参加します」という返事です。カンナダの辺りは、みんなが仲良く暮らしていて、カオスをエンジョイしているように見える。そういう状態について考える必要があると思った。何百年も前に日本はそれを達成しているのかもしれない。100年前の1900年に、パリに印象派の画家がたくさん出た。その中にフランス人は一人もいない。シャガールはロシア人、ゴッホはオランダ人、ピカソはスペイン人。そういう才能ある画家に思う存分活躍する舞台をパリは提供した。

 

青木 文化政策を本気になってやっていただきたいと改めて感じました。世界都市東京と大げさに言わなくても、東京は、住む人間にとって利用しやすい都市であってほしい。例えば、東京都近代美術館に行くのは大変です。ニューヨークのメトロポリタンやモーマは、歩いてすっと行けます。

いい文化的な装置はみんなが気軽に行けるようなところにないといけないし、夜も遅くまでやってほしい。先日、ご縁があって、皇居に初めて行ったのですが、感激しました。すばらしい空間です。新宮殿はモダンであると同時に、古代的であって、まさに伊勢神宮と現代東京のビルが一緒になったようなところがある。アジア諸国の宮殿やトプカピ宮殿、ベルサイユやバッキンガム宮殿とか行っていますが、あの空間の広がりは体験したことがないすばらしさだと思います。日本のハイカルチャーの極まったところだと思う。ポピュラーカルチャーはポケモンなどいっぱいあるが、ハイカルチャーにもすばらしいものがあることを感じた。一般の人は皇居へは滅多に入れない。せっかくいいものを持っていても、外国人も日本人も、味わうことができない面がある。もっと国と自治体が本気になって文化政策を打ち出し、一般の住民もサポートする体制をつくっていかなくてはいけないのではないか。東京は歩きにくい。不経済なむだな空間が多い。パリの今日を作った改革がナポレオン三世のときにあった。あれでパリは8階建てに統一した。そういうことを石原さんがやってくれると、東京23区の中にきちんとおさまって、すばらしい緑地と公園、歩ける道ができるのではないかと思います。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,026位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
9,901

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から