日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 スペースコロニーなんかはどうしているんですか。

 

古川 スペースは全部持って帰ってきます。あれはいろいろありまして、思わず笑い出すような試行錯誤の連続で、よくまあNASAの連中もばかなことを考えたと感心します。

例えば、小田原提灯みたいなキャンバスを作った。中でシャワーを浴びるというのです。さぞかし気持ち良いかと期待したら、何のことはない、水滴がむやみやたらに飛び散って宇宙船内は水滴だらけになった。人間の排泄物で、小の方はオシメが一等いいという結論になった。

大きいほうは袋に入れるんです。人工肛門をつけている人のようにプラスチックの袋に入れて、脱気して密閉して持ち帰る。宇宙に放り出す方法もあるけれど、宇宙時代になると後から行く人の迷惑になるなんて心配する人が出てきている。

 

菊竹 だから昔の江戸時代の糞尿のシステムはやっぱりうまくできていました。においだけちゃんと処理しています。

 

平山 一次処理したやつをトラックで持っていけば非常にうまくいくんじゃないか。

 

日下 昔、建設省(現国土交通省)、農林水産省とけんかしていた人の話なんですけれども、日本は温かいところだから、家庭用の水洗トイレから穴あきパイプを10m庭へ引けば、もうそれで十分ですという。それを地下深くやるからどっかへ出てくるので、地下2mか1mのところへ穴あきパイプで吸収させれば、もう周りの土が全部処理してくれます。だから多少の庭さえあれば公共下水道は要りませんと言ったから、つぶされちゃったんです。

だから各家庭でできます。だめなのは北海道、東北だけです。あとは穴あきパイプを伸ばせばそれで簡単です。

 

平山 私が30年前に最初の水洗トイレを東久留米につくったとき、下水ができていないものだから、それに近い話があったんです。大きな3m四方ぐらいの穴を掘りまして、そこへためたところ自然になくなっちゃう。それが下水ができたら、そいつにつなげたいというんです。結局下水につないだけれども、あの時代のことを市が聞いて、水洗トイレの補助金を幾らかくれました。自然に土壌に吸い込ませて、その水が方々へ還元するとおもしろいかもしれません。

 

菊竹 きょうは大変切実な話が、大洪水の話から水にまつわる話をいろいろお伺いできました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から