日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 本日は佐貫先生からお話を伺うことにしております。佐貫先生は日本列島改造論の陰のライターでして、田中角栄元首相のブレーンとして私どもは大変いろいろなことでご指導いただきました。その後、東急田園都市の計画でネットワーク都市という計画を指導いただき、例えば、ネットワークの一つである商店街が駅前からどういうスピードで成長していくかなど、統計的データを駆使して、都市発展のプロセスを示していただきました。

経済学と建築学の2つの学位をもっていまして、学者として、統計数字を使ったお話が伺えると思っております。

 

人口の長期的増減パターン

 

佐貫 「私の東京都市論」というテーマで、レポートをさせていただきます。なお「5つの提案」を副題にしています。

5つの提案は、データの裏づけをきちっとして、本来なら原価計算までやりまして、大体収支採算は合うんだということでやりたいわけですが、残念ながら今回はそこまで手がとどいていません。

第1に、長期的視点から見た東京の地位の変遷について報告したいと思います。1093年、今から900年前の日本の人口は1,000万人です。そのときの二大都市は、京都と平泉でした。京都の人口は16万人、平泉は15万人。ところが、1995年の一番新しい国勢調査によりますと、京都は146万人で900年間で9.1倍になり、現在は第6位の都市です。しかし、平泉は900年たってみると、現在の人口は9,288人。何とこの900年間に16分の1になり、1,773番目の小さい町に変わってしまいました。

では、なぜ900年前にこれだけ栄えたのか。藤原4代の栄枯盛衰と直結しております。清衡、基衡、秀衡の藤原3代に加えて源頼朝に35歳で滅ぼされた泰衡までの約100年間のプロジェクトスケールを見れば、十分理解できると思います。初代清衡のときに、中尊寺が建てられ、堂塔が44、禅坊が400、金堂はご高承のとおりです。また、2代目の基衡は毛越寺を建てました。そのスケールは中尊寺以上のものであった。それは禅坊が500余で中尊寺よりも100余も大きいことからも、全体としても中尊寺よりももっと大きかった。そういうスケールの大きい設備投資ができたということは、その下部構造に藤原4代の経済力があったとみられます。

第1番目は、農業生産力が極めて大きかった。北上盆地とは、標高200m以下であって、高低差が20mという前提条件で、キルベメーターで測定しますと、北上盆地は1,800km2(1,000万坪)というスケールの大きい平坦地をもっており、大変な農業生産力を持っていました。

第2番目は金の生産力が大きかった。金の生産量は1年間に1,875kg(500貫目)です。それは、1つの鉱区に1,500人として、20鉱区あったわけですから、大体3万人ぐらい働いていた可能性があったということです。と同時に、金の生産力の後ろには採掘技術、土木技術、製錬技術、冶金技術、新素材の技術基盤があったことが、平泉を繁栄させた原因です。

3番目は、馬の生産力が極めて大きかった。実は、この時代、武士が使っていた馬は、織田信長も例外ではなく、日本列島ではみんなロバであったわけですが、平泉が生産したのは馬でした。したがって、平泉の馬とロバの交換比率は、平泉の馬が1頭に対して、ロバは10頭であったわけです。それほどすごい優秀な馬だったわけですから、1]軍事力、2]輸送力、3]情報伝達力として卓抜した力をもつことになりました。

4番目は絹、毛皮、アザラシ、熊、狐等々の毛皮だけでなく、玉、香木、玉鋼といった、日本刀の原材料になるとか、希少価値をもった品物を生産していた。日露戦争でロシアの軍隊は毛皮を着ていたが、日本軍は着ていないために凍傷で苦しみました。これと同じように、平泉で戦争をしますと、藤原家の軍隊は毛皮を着て厳寒の中で作戦することができたために領土保全ができたのに反して、その他の軍隊は冬の戦争ができなかったわけです。

5番目には、魚を保存食という形で、乾燥して腐らない食品をつくっていた。ということは、平泉4代はすべてミイラになっておりますから、そういうミイラにするような医療技術を持っていた。そういう経済力もあったわけですから、東大寺の大仏の鍍金の寄進を天皇から要請されたとき、鎌倉幕府の源頼朝は1,000両しか寄附しなかったのに、藤原秀衡は5,000両寄附したほど経済力のスケールの大きさを誇っていました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から