日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


尾島 安くなったら最後に先生が減らされる。

 

石井 そう。だから、いい先生が逃げてしまうということになる。それでいいんです。大いにそういうことをやれば新陳代謝が早くなる。だから、いい人はみんなここにいちゃいかんと思って逃げてしまう。そうすると質が落ちるからマーケットで勝てなくなる。冷酷なことを言えば、自由にやったらいいというところがある。だから、切符が要らなくなることは大きいんです。東京駅のみどりの窓口は要らなくなるから、全部、JAL方式で買えばいい。駅って何、ということになる。

 

ライフスタイル・デザイン

 

日下 乗車券を要らなくするわけ。

 

石井 要らない、携帯電話にあるじゃない。

 

尾島 飛行機に乗って、自分のシートのところがチェックされる。

 

石井 そう、座っていればチェックして。

 

日下 それは大分将来の話ね。

 

石井 案外早いよ。だって、そっちのほうが安いから。

 

日下 荷物のチェックをどうするか。

 

石井 それはあるでしょう。

 

日下 有料道路はどうします。今、ETCなんてやっているが、あれもiモードの携帯電話ですむ。

 

石井 そう。道路側でハードウェアをつくることは全部なくなると思う。あんな高いことをやる必要はない。全部携帯でできる。全部変わるんです。変えたくないところは自動的に、高いものになる。それだけなんです。非常にシンプルなんです。

 

日下 陳腐な議論をしているんだ、建設省(現国土交通省)で。

 

石井 それは使っていないからなんです。使い出したら何でと思うようになります。

 

日下 旧式の機械を3万5,000円で買えと言っているんだ。

 

古川 厚生省みたいに非常におくれた役所でも、ICカードで身分証明とキャッシングと健康保険証と、もう一つ何かを一緒にしようと言っているでしょう。そうしたら、これもタッチ型じゃないから非接触で読みとってぱっとオーケー。

 

石井 変なハードをつくるなということは言っているんです。何千万の人が同じインターフェースで同じものを持っているということはない。自動車の運転と同じで、それをいかにソフトでどれだけモディファイして一般的に普及させるかだけだから。変なハードをつくるとそれを覚えなくちゃいけない。覚えるコストの方が嫌でしょう。そうじゃなくて全部同じだ。

 

古川 厚生省の試案もモバイルに変えるべきだ。

 

石井 そのためには、厚生省と言ったって実際は若い者がいっぱいいるから、若い者は全部iモードでやろうじゃないか。言わなくなってみんな持ち出すね。

 

古川 モバイルがブルブルッと振動したら、きょうは病院の受診日ですよというわけだ。

 

尾島 きょうは石井先生にならってiモードをいよいよ買いますか。

 

石井 ただ、忠告がありまして、ハードウェアだけ買ってというのは無理です。

 

尾島 何と何を買うんですか。

 

石井 だから、そのサービスを一緒にやらないとだめです。問題は先生のライフスタイルに合わせたライフスタイルデザインなんです。

 

古川 建築と同じです。その人のライフスタイルがわからずにつくったら住みにくいでしょう。

 

石井 ところが、みんなハードウェア志向なんです。

 

尾島 パソコン教室に関しては、研究室の若い連中はパソコン教室のアルバイトをやっている。これはパソコン教室ではないですね。

 

石井 これはパソコンではないから違うんです。洋服をつくると思われればいいです。洋服でもポケットをどこにつけるとか、どうだというのがあるでしょう。それは人が要るんです。サービス業です。

 

尾島 ただ、そこらで買うだけじゃだめなんですね。

 

石井 服を買ってくればそれでいいという時代ではないんです。逆に自分にフィットするように、オーダーメード衣料と同じなんです。これはバーチャルな世界なんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から