日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


菊竹 いつも石井先生のお話を聞くとIT革命が石井先生からやってくるという感じがいたしましてほんとうに期待をしております。

 

ITとバイオ

 

石井 1999年11月に、僕は2002年に、予定よりも3年繰り上げてヒトゲノムの全解析ができるようですと言っている。この間、ご承知のように大体できたという発表がありましたように、セレラジェノミクスというITをベンチャー企業が300台のシークエンサーを使って一気にやってしまった。最近、現場に行ってみるとインシリコという感じです。今までインビボとかインビトロとか言っていたが、インシリコは電子回路系のシリコンの中に埋め込んだものです。結局、シグナルをどこで情報処理しているか、わからないんです。途中でチェックはしていますが、その程度で、具体的なデータは全部、コンピューターのシステムのネットワークの中に直接、入れるものですからわからないという状況です。ちょうどフルオートメーションの化学工場みたいな形でコンピューターコンプレックスで動いているわけです。バイオというとITとえらい違うような先入観を持ちがちですが、そんなことはなくてITそのものだと言っていいと思います。セレラジェノミクス社の半分の従業員はIT技術者ですし、ほかにベンチャーキャピタルから1,000億円も集めて使っていると思いますが、その大部分の設備投資はコンピューターシステムです。

ヒトゲノムの大体10分の1ぐらいの塩基対の数、4億3,000万塩基対ぐらいがイネゲノムです。日本はヒトゲノムではアメリカの10分の1ぐらいしか国際貢献していませんで、7%ぐらいと言われている。アメリカは70%。イギリスが20%ぐらいと言っています。他国はイネには興味がないものだから日本がほとんど中心になって研究していますが、世界各国が研究することになっています。ジャポニカ種を研究するのですが、中国だけは日本のジャポニカを研究しないらしい。

おもしろいことが起こっているのは、ヒトゲノムで自動システムとか、試薬から何から全部アメリカ産で、プログラムのソフトウェアもアメリカ製です。今、使っているのは全部、サンという会社のハードウェアと、大学が開発したフリーソフトなんです。それを日本でも使っています。イネゲノムをヒトゲノムで開発されたツールで研究しているわけです。ターゲットが大体10分の1だから、シークエンサーの数も300台に対して30台でいいという感じで現実に進んでいます。世界の主食の40%が米です。米というのはたんぱく質もあるし非常に重要なんです。塩基対の数では主要穀類の中で最低です。ほかはトウモロコシで6倍、大麦で10倍、小麦は40倍です。だから、いいところをねらっていまして、それが突破口になって人以外のゲノムというかITというか研究される。

結局、ITは、考えようによっては、どこが本質的に新しい情報を噴き出しているかが問題で、今、アーティフィシャルに盛んにいろいろアニメをつくったりしていますが、一番はっきりしているのはゲノムの世界で膨大な、本質的に新しい未知の情報が出てくるというのは格別に大きいわけです。スニップ(SNIP)という人のバラエティとかを入れますと、特にファンクションと一緒になってくると、プロテイン(たんぱく質)から、酵素系から複雑なシミュレーションからものすごい情報需要が出てくるだろうというので、バイオを抜きにしたITの将来は考えにくいわけです。その点の動きが去年は過小評価というか、そんな早く進むとは思わなかったというのが正直なところです。しかし、僕も大分前からイネ関係のコンピューターシステムの委員長をやっていまして、かなり知っていたのですが、ヒトゲノムのほうがあんなに早く進むというのは予想外で激動の時代です。

 

iモードのヒット

 

iモードはご承知のように今は1,000万台です。1日4万台増えている。だから、月に百何10万台と増えている。こういう商品はあんまりない。去年の2月22日から始まって、いい文献がありまして、「iモード事件」という松永真理さんが書いている本があるんです。いろいろ読み方があるけれども、要するにああいうプロセスでドコモの中でとにかくできていった。できたものがどういう社会的な影響を及ぼしたかと言うと、1,000万人という人間がこういうライフスタイルを作ってしまったわけです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から