日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


だから僕は新都市を宣言した方がいいと思うので、新都市はできませんかと自治省に言いましたら、今ある都市に隷属しなければ都市はできませんと言うんです。新都市になった方が、都市改革になるんです。

 

古川 A棟とB棟でえらく待遇が違うと、競争が起こります。

 

菊竹 一番先にやるべきことは、やはり国際化なんです。国際企業が会社を立地させたいというようなところをつくらないといけません。

 

日下 そういうものに関する一般論は、まずはそう答えられます。現状を肯定したことを答えてその場は済ませてから、一応の議論をして、集まった人数が多ければまた現状肯定に行きます。その中でまた少数の人が2次会、3次会をして、ひそかに検討に着手します。そういうのを仕切っている人が、出世するかしないかです。今までは変わり者だといって出世しない場合が多かったのが、この1〜2年、変わりました。そういう変わった意見を取り入れてやろうという人が、ぽっぽっと出世します。

 

菊竹 ふるさと創生を少し仕組んだのです。一番のねらいは海外です。日本から海外に行っている人たちが、実に惨めなことをやっています。パーティーをやっても、自分たちだけで集まって、そのために相手国の人々と接触するような機会を自分から失っています。だから公園をつくり、公園の周りに文化的な施設、その周りにホテル、アパートをつくります。アパートはどこの人が住んでも構いませんが、日本大使館でパーティーをやるときは、その庭園を使ってガーデンパーティーをやったりする。庭園自体がゴルフ場のようにものすごく広くて、美術館もあれば劇場もありというのを、ニューヨークとかベルリンとかに、とにかく拠点としてつくる。今でも結構つくっているんです。ドイツに公園をつくったり、劇場を寄付したり、病院をつくったり。ただ、みんな単独なんです。中近東の場合は全然ありません。こんな方法でやっていたのでは、日本の文化の伝播に役立ちません。

 

日下 今、公園の横にまんが喫茶があれば一番いいと思っています。そうすれば世界の子供が全部来ます。アニメ映画館やゲームセンターもつくる。

 

菊竹 去年アメリカヘ行き、親戚に小さなポケモンを買ってきてくれと頼まれたんです。それで買いに行ったら売り切れで、なかなか買えないんです。

 

日下 今の話にぴったりの話をしますと、この間、天皇、皇后両陛下が北欧3国を訪問されました。それについていった友達の話ですが、晩さん会で、両陛下が相手にお孫さんは何人いますかと聞きました。スウェーデンだと思うんですが、10歳、6歳、4歳です。何をして遊んでいますかと聞いたら、ポケモンカードで遊んでいますという。ヨーロッパの子供は、庶民から王室まで全部ポケモンカードで遊んでいるわけです。日本製の、裏に片仮名が書いてあるカードが格好いいわけです。アメリカの話ですが、それが読めるとクールと言われます。クールとは格好いい、賢いです。

 

菊竹 こんなものを何するんだろうと、わざわざ買って持っていきました。

 

古川 目をつけていたマッキントッシュのパワーポイント裏技という本を、本屋に注文したらないというんです。大きな書店に行ったら、店頭にある分だけ。なぜこんなに売れるのか。ビジネスマンが、いかに毎日コンピューターに困っているかがよくわかります。売れ筋は東南アジア。つまり日本語がわからなくても、総カラー、総絵解き、裏技でしょう、見ればわかるんです。ここのアイコンをここにドラッグする、ダブルクリックすると絵解きしてあります。日本語が少々わかれば全部読めるから、どんどん中国、韓国と、東南アジアのIT化を目指している人たちに流出しています。だから日本人の手に渡りません。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
14.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から