日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


What is Europe?

When considering the question of the identity of Europe, the Christian and Islamic worlds can be viewed as a single dynamic cultural space. It is difficult not only for non-Europeans but also for Europeans themselves to clearly define Europe. In his fascinating study What is Europe?, written more than thirty years ago, Masuda Shiro stressed the importance of viewing Europe not as an aggregate of individual countries such as Britain, France and Germany but as a single historical entity. Although there a few outstanding exceptions such as Masuda, most Japanese scholars_ understanding of Europe has tended to remain at the level of focusing on each country in turn. To some extent this is a reflection of Japan_s long history of national seclusion and the resulting habit of thinking in terms of a single country, but it is also because Europeans themselves, even though they have the same Christian background, have mainly studied history at the national level, particularly after the advance of specialization following World War II.

 

The End of the Age of European History as _World History_

The Maastricht Treaty, which took effect on 1 November 1993, has spurred the rapid revision of the historical legacy of Europe to provide a common foundation for the political and economic association known as the European Union (EU). This movement can be seen in the publication of new textbooks emphasizing Europe_s shared history, such as The History of Europe (edited by F. Dorsch??), which has been simultaneously published in over 10 countries, and Europe, currently being published in Britain, Germany, France, Spain, and Italy. However, we cannot expect these books to immediately give us a clear historical definition of Europe, just as a hundred related volumes would not provide a definite answer to the intractable problem of Japan_s identity. The continuous posing of such questions should rather be viewed as means of gradually forming a new European identity. There is a growing recognition that it was Europe as a whole that formed the national histories of countries such as Britain, France, and Germany. This trend will undoubtedly exert a significant influence on the Japanese understanding of _world history._

One thing is certain. The recent formation of the EU through the reinterpretation of Europe is just one instance of a general movement of regional reformation happening all over the world. It is linked to a worldwide trend reflected in the collapse of the former Soviet and East European communist bloc, the establishment of the North American Free Trade Association (NAFTA), and the emergence of the Western Pacific Economic Region. This ongoing revision of European history amid worldwide regional reorganization will surely confirm once and for all that Europe no longer represents the whole world and that the age when European history meant world history has finally come to an end.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,508位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
6,188

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から