日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


Let us also consider whether we Japanese have fairly evaluated our own historical legacy and put it to good use. Japan, one of the world_s major powers, can scarcely afford to assume an attitude of indifference toward the global problems mentioned above. We must do all we can to contribute to their solution. Unlikely though it may seem, I would suggest that the key to an effective contribution lies in our ability to reevaluate early modern Edo society from a global perspective. Though few people realize it, the storehouse of knowledge embodied in Edo society has barely been tapped. I believe the time has come to explore its riches fully from the standpoint of their global utility. Upon returning from his pioneering voyage on the space shuttle, M_i Mamoru spoke, in concrete terms even schoolchildren could understand, of the experience of viewing the earth as but one tiny planet in the vastness of space.

Each one of us needs to cultivate this cosmic view of things, to adopt a worldview that acknowledges the earth as just one finite realm. It is possible to analogize between the earth itself and the closed system of Edo society under the policy of national seclusion. The earth is open to the rest of the universe in terms of the flow of energy, but when it comes to matter, there is virtually no exchange. Matter neither leaves nor enters the closed, isolated system of the earth. We Japanese have already experienced life in a closed system in the form of Edo society.

The human race can no longer look to new frontiers stretching out endlessly before it. We have arrived at the point where we can see that the earth on which we live is a finite world. At the same time, the military state has become an anachronism, and the right of belligerency_once regarded as a basic plank of national sovereignty_will in time probably be curtailed. In dialectical terms, we might think of the closed society of the Edo period as a thesis and the modern world system imported during the Meiji era as the antithesis. Today, the time has come to acknowledge the negativity of the latter and achieve a new synthesis. By the _negativity_ of the modern world system, I refer to the fact that the problems generated by this system have become global in their reach. Until now, our worldview has been predicated on a perception of the world_s vastness. It is time to revise our outlook fundamentally.

The human race has spread across the face of the earth, leaving virtually no region untrodden. No uncharted expanses remain to be explored. The earth is a finite body.

Once we grasp the analogy between this finite earth and Edo society in the age of seclusion, the wisdom of that era becomes relevant to our own time. The results of more than two centuries under national seclusion elicited cries of admiration from a visitor from another de-Asianized modern civilization, who compared rural Meiji Japan to Eden or Arcadia. This should offer us hope that the lessons of the past may lead us to a brighter future.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,506位
(32,679成果物中)

成果物アクセス数
6,232

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年11月28日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.東京財団1999年年次報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から