日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

東京財団1999年年次報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


In addition, a database of all fellowship recipients was completed to follow up on the activities of recipients after graduation and to facilitate the network.

 

。?orld Maritime University Fellows' Field Study in Japan

 

023-1.gif

 

First-year fellowship recipients at the World Maritime University are invited to Japan each year to acquire knowledge and a deeper understanding of Japanese maritime affairs.

During the fiscal year under review, 25 fellowship students visited Japan from September 26 to October 3, 1999. They visited the Japan Coast Guard, Ministry of Land, Infrastructure and Transport (formerly Ministry of Transport), Ship Research Institute, Electronic Navigation Research Institute, Nippon Kaiji Kyokai (Class NK), Yokohama Port, Sumitomo Heavy Industries' Yokosuka Shipyard, Mega-Float, Japan Marine Science and Technology Center (JAMSTEC), Kobe Harbor, Marine Technical College and Kobe University of Mercantile Marine. A special program was also convened at the Foundation on the topic, "Maritime Safety and Environmental Protection in Japan." Presentations by Mr. Kuniaki Sasaki, General Manager, Disaster Prevention Department of the Maritime Disaster Prevention Center, and Mr. Tsuyoshi Ichiku, Director of The Japan Ship Owners' Mutual Protection and Indemnity Association, were followed by discussion. In addition to providing opportunities to become familiar with Japanese maritime affairs, the program helped participants build a maritime-related professional network.

 

023-2.gif

 

Regional Administrators' Professional Development Fellowship Program \26,256,895

Fellowships under this program target young Japanese regional government officials who are interested in reforming local government administration to meet the needs of a changing economy and society. The program aims to help local Japanese officials strengthen their international perspectives through the promotion of mutual understanding and information exchange regarding culture, traditions and systems of a particular country by studying abroad. Launched in fiscal 1998, this program will continue for six years.

During the fiscal year under review, fellowships were presented to the following five officials.

 

Leaving Japan June 1998 and Returning June 2000

Fellowship Recipient (Renewal): Toshifumi Sawazaki (Fukui Prefectual Government)

Academic Program: Rutgers, The State University of New Jersey (U. S.)

Master of Business Administration

Total Fellowship: US$43,000

 

Fellowship Recipient (Renewal): Naohiko Shibata (Osaka Prefectual Government)

Academic Program: University of Southern California (U.S.)

Master of Public Administration

Total Fellowship: US$48,000

 

Fellowship Recipient (Renewal): Takashi Tezuka (Ministry of Public Management, Home Affairs, Posts and Telecommunications [Formerly, Ministry of Home Affairs])

Academic Program: Harvard University (U.S.)

Harvard Law School, International Tax Law

Total Fellowship: US$48,000

 

Leaving Japan July 1999 and Returning June 2001

(Planned)

Fellowship Recipient (New): Mirai Shibata (Ibaraki Prefectual Government)

Academic Program: Seattle University (U.S.)

Master of Public Administration

Total Fellowship: \4,800,000

 

Fellowship Recipient (New): Shinichi Baba (Fukuoka City Government)

Academic Program: Portland State University (U.S.)

Master of Public Administration, Mark O. Hatfield School of Government

Total Fellowship; \4,300,000

 

Transport Administrators' Professional Development Fellowship Program \17,237,364

This five-year program was initiated in fiscal 1995 for the purpose of promoting the professional development of leaders in the transport administration field.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,922位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
1,279

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から