日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

東京財団1999年年次報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


A group of distinguished private citizens from all eight of the summit countries meets approximately three months prior to the event to discuss policy issues related to that year's summit agenda and propose policy solutions to the leaders of participating countries. During the fiscal year under review, preparations were made for the summit, scheduled to be held in Tokyo from April 10 to 12. The results of the conference will be offered to summit leaders as policy proposals and released to the media.

 

G8 Preparatory Conference 2000 Members

Canada

Wendy Dobson (Director, Centre for International Business, University of Toronto; former President, C.D. Howe Institute; former Associate Deputy Minister of Finance)

France

Patrick Messerlin (Institut d'Etudes Politiques de Paris; Director, Groupe d'Fconomie Mondiale de Science Politiques; former Senior Economist, Research Department, World Bank)

Thierry de Montbrial (Director, French Institute for International Relations)

Germany

Karl Kaiser (Otto Wolff Director, Research Institute of the German Council on Foreign Relations―DGAP)

David Folkerts-Landau (Managing Director and Global Head of Research, Deutsche Bank)

Italy

Paolo Guerrieri (Senior Scientific Counsellor, Institute Affari Internazionali)

Renato Ruggiero (Vice Chairman, Salomon Smith Barney International; former Director-General, World Trade Organization)

Japan

Heizo Takenaka (President, The Tokyo Foundation; Professor, Faculty of Policy Management, Keio University)

Toyoo Gyohten (President, Institute for International Monetary Affairs)

Yoichi Funabashi (Chief Diplomatic Correspondent and Columnist, Asahi Shimbun)

Russia

Boris Fedorov (former Finance Minister)

United Kingdom

John Chipman (Director, International Institute for Strategic Studies)

Leon Brittain (former Vice-President and Commissoner for External Economic Affairs, European Commission)

United States

Fred Bergsten (Director, Institute for International Economics)

Henry Kissinger (former Secretary of State)

Paul Volker (former Chairman, Board of Governors of the Federal Reserve System)

Robert Zoellick (former Under Secretary of State for Economic Affairs)

 

SEMINARS

 

POLICY SEMINARS

These seminars are held to discuss timely policy issues and potential subjects of The Tokyo Foundation's research with guests who are active in policy areas. They are breakfast meetings for wide-ranging, high-level, informal talk by a small, relatively closed group of 10-20 participants.

 

No.14 April 1999

"The East Asian Crisis and the IMF"

Sayuri Shirai (Associate Professor, Faculty of Policy Management, Keio University; Visiting Research Fellow, The Tokyo Foundation)

No.15 May 1999

"Japan's Banking Sector: its Current Status and Prospects"

Yukiko Ohara (Executive Director, Morgan Stanley Securities Company)

No.16 June 1999

"The Asian Monetary Fund Plan"

Takatoshi Ito (Professor, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University)

No.17 July 1999

"Recent Conditions in the Financial Sector"

Kazuo Ueda (Policy Board, Bank of Japan)

No.18 Oct. 1999

"Is the Reorganization of the Central Bureaucracy into One Office and Twelve Ministries Proceeding in Accordance with the Administrative Reform Council's Decisions?"

Kiyoshi Mizuno (Co-Chairman, Seven Hundred Citizens Who Promote Administrative Reform in Order to Reconstruct Japan; former Member of the House of Representatives)

 

AFTERNOON SEMINARS

These monthly seminars provide a fairly open networking forum at which 15-30 participants from diverse fields, mainly relatively young lecturers, discuss a variety of domestic and international topics. The atmosphere is relaxed, and many seminars are followed by informal talk.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,922位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
1,279

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から