日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

東京財団1999年年次報告書(英文)

 事業名 基盤整備
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


CONFERENCES AND SYMPOSIUMS

 

AUSTRALIA-JAPAN NEW INITIATIVE FOR APEC 1999 \4,883,844

Timed to coincide with the 10th year of the establishment of APEC, this workshop encouraged active debate on the role and significance of APEC. Participants included politicians from ruling and opposition parties, as well as scholars and journalists from Japan and Australia. Results of the workshop were provided to former Prime Minister Keizo Obuchi and Australian Prime Minister John Howard as a policy proposal.

 

Date of event: July 2, 1999

Venue: Hotel Okura, Tokyo

Chairs: Yoichi Funabashi (Chief Diplomatic Correspondent and Columnist, Asahi Shimbun; Project Leader, Project Alliance Tomorrow, The Tokyo Foundation)

Peter Drysdale (Professor, Australian National University)

Participants:

Australia

Kevin Rudd (Member of the House of Representatives)

Stuart St. Clair (Member of the House of Representatives)

Greg Sheridan (Editor, The Australian), others

Japan

Koichiro Gemba (Member of the House of Representatives)

Yoshimasa Hayashi (Member of the House of Councilors)

Akira Kojima (Director and Chief Editorial Page Editor, Nihon Keizai Shimbun), others

 

012-1.gif

 

JAPAN-U.S. MEDIA DIALOG (COSPONSORED WITH JAPAN SOCIETY AND INTERNATIONAL HOUSE OF JAPAN) \730,000

Frontline journalists in Japan and the U.S. met to exchange opinions in a nonpartisan forum, and held a lively discussion on media and the economy.

 

Date of event: December 12-13, 1999

Location: Kamakura Prince Hotel

Participants:

United States

Clay Chandler (Washington Post)

Robert Jamieson (ABC News)

Tim Larimer (TIME)

Rich Miller (Business Week)

Robert Samuelson (Newsweek)

David Sanger (New York Times)

Bruce Stokes (National Journal)

Japan

Kyoko Chino (The Sankei Shimbun)

Yoshisuke Iinuma (Toyo Keizai Shimpo Sha)

Akira Iwase (Kyodo News)

Akira Kojima (Nihon Keizai Shimbun)

Haruyuki Oshima (NHK)

Soichiro Tahara (Journalist)

Heizo Takenaka (President, The Tokyo Foundation)

Yoichi Takita (Nihon Keizai Shimbun)

Atsushi Yamada (Journalist)

 

INTERNATIONAL COMPARISON OF LEGAL SYSTEMS-THE LAW IN ADJUSTING ECONOMIC MECHANISM S \9,057,617

A symposium was held to gain views on the law in adjusting economic mechanisms for Japan in the 21st century based on an explanation of current laws in Japan and other countries.

 

Date of event: January 17-18, 2000

Venue: Hotel New 0tani, Tokyo

Panelists: Ten legal experts from principal countries in Europe, America and Asia

Speakers: Charles D. Lake II (Vice President and Counsel, AFLAC Japan), and two other speakers

 

G8 PREPARATORY CONFERENCE \18,605,000

A quarter of a century has passed since the first summit of the leading industrialized countries was held in 1975. During this time, the situation surrounding international society has changed greatly, altering the significance of the summit. The G8 Preparatory Conference is held as a new instrument to increase the effectiveness of G8 summits to promote greater peace and security in international society.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,922位
(32,645成果物中)

成果物アクセス数
1,279

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月24日

関連する他の成果物

1.「SYLFF WORKING PAPERS NO.15」ビデオ (http://www.princeton.edu/duke)
2.東京財団1999年度年次報告書(和文)
3.海洋文化・文明に関する調査報告書(英文)
4.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第1回オープニングセッション?
5.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第2回世界の人々のアイデンティティ作りに役立つマンガ・アニメ?
6.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第3回マンガ・アニメ産業の存立基盤はSOHOにあり?
7.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第4回日本製マンガ・アニメが高い価値で世界市場で流通し日本にとっての収益源となるために、いま何が必要か?
8.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第5回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイスは地方からスタートする?
9.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第6回日本製マンガ・アニメが更に発展するには何が必要か?
10.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第7回文化のローカライゼーション?
11.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第8回マンガ・アニメで県づくり。新パラダイムは地方からスタートする?
12.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第9回キャラクタービジネスのパースペクティブ?
13.日本発マンガ・アニメーションのダイナミズム ?第11回ポップカルチャーが作る新しい勢力図?
14.世界都市東京フォーラム「技術からの考案」会議録
15.世界都市東京フォーラム「歴史と文化からの考案」会議録
16.「日米韓安全保障協力:平時と有事の想定」
17.「米中両国にとっての朝鮮半島?日本の対朝鮮半島政策への含意」
18.Japan’s New Middle Eastern Policy
19.Policy Analysis Review
20.英文冊子 Intellectual Cabinet 2000
21.「国会におけるODA基本法の論議と地方自治体による援助の重要性」
22.Issues Series/論点シリーズ vol.18 「日本の外交安全保障戦略を考える」
23.Issues Series/論点シリーズ vol.19 「NPO法施行後の現状と課題」
24.Issues Series/論点シリーズ vol.23 「ビジネスモデルを通じた産業のダイナミズム」
25.Issues Series/論点シリーズ vol.26 「国民参加型外交の可能性と課題」
26.Issues Series/論点シリーズ vol.27 「これからの朝鮮半島の行方」
27.Issues Series/論点シリーズ vol.28 「マスコミによる経済事象の選択と報道」
28.Issues Series/論点シリーズ vol.29 「陳水扁新政権下の台湾政治」
29.Issues Series/論点シリーズ vol.30 「朝鮮半島の将来に日本が貢献できること」
30.「政策シリーズ」第18号「霞ヶ関1府12省体制は行革の決定通り進んでいるか?」
31.「政策シリーズ」第20号「金融監督政策の方向性について」
32.「政策シリーズ」第21号「COP6に向けた我が国の取り組み」
33.平成11年度里親研修会テキスト
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から