日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会プログラム

 事業名 「現代日本のオーケストラ音楽」の開催
 団体名 日本交響楽振興財団  


016-1.gif

 

東京交響楽団

THE TOKYO SYMPHONY ORCHESTRA

 

1946年に東宝交響楽団の名で創立。1951年東京交響楽団と改称して今日に至る。歴代の指揮者には、近衛秀麿、上田仁などがおり、1964年以来秋山和慶が音楽監督・常任指揮者をつとめている。1991年大友直人が正指揮者に、1994年から飯森範親が指揮者に就任。1999年10月からは首席客演指揮者にユベール・スダーンを迎えた。

活動の特色のひとつに邦人作品を含む現代音楽の初演があり、その功績により1949年第1回毎日音楽賞、1953年文部大臣賞を受賞している。1976年アメリカ、カナダ、メキシコ、1982年韓国、1986年中国にて公演を行う。1991年ヨーロッパとアメリカにおいてワールド・コンサート・ツアーを実施して大成功を収め、1993年タイ、シンガポール公演、1994年にはECジャパンフェストの招聰によりポルトガル公演をおこなった。現代作品への意欲的な取り組みと長年の業績が認められ、1990年音楽之友杜賞、1993年京都音楽賞大賞受賞。1994年秋山和慶の音楽監督就任30周年と第400回定期演奏会を記念して、シェーンベルク歌劇『モーゼとアロン』(邦人による日本初演)を上演して絶賛を博し、その成果に対し1994年度毎日芸術賞、文化庁芸術作品賞が授与された。1996年楽団創立50周年を記念してヨーロッパ8都市で公演を行い、海外でもその演奏が絶賛された。1996年モービル音楽賞。1998年サントリー音楽賞を受賞。

1996年文化庁が日本の音楽界を牽引していると認めた団体に支援することを目的として設定した「アーツプラン21」に最初の団体のひとつとして選ばれ、その後3年間の活動を認められその第2期(1999〜2001年度)も選定された。

また、新月市とは準フランチャイズ契約を結び、1999年4月から新潟市民芸術文化会館において定期演奏会や特別演奏会を開催、また病院や学校などへの訪問コンサートをおこなって交流を深めている。フランス・オーヴィディス社とは録音契約を結び、シェーンベルク「ヤコブの梯子」、バルトーク「弦・打・チェレスタのための音楽」、ヴェルディ「ナブッコ」のCDをワールド・リリースし、海外でも評価を高めている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,557位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
1,496

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会チラシ
2.「現代日本のオーケストラ音楽」写真
3.事業報告書
4.「オルフェウス?ギリシャ神話より?」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から