日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会プログラム

 事業名 「現代日本のオーケストラ音楽」の開催
 団体名 日本交響楽振興財団  


ごあいさつ

 

(財)日本交響楽振興財団は、青少年をはじめ一般の皆様の情操の涵養と、交響楽団の財政基盤の確立を目的として、昭和48年3月に設立いたしました。

創立以来、低廉な料金での演奏会を、北は北海道から南は九州まで、オーケストラの通常の行動範囲外にまで及ぶ全国各地で開催してまいりました。お陰様で、各地の教育機関をはじめ、公共団体、文化団体はもちろん、一般の方々からも高い評価を受けております。

本日の“現代日本のオーケストラ音楽”演奏会は、日本の作曲家によるオーケストラ作品の普及向上を目的として企画され、昭和52年に第1回演奏会を開催、翌53年には「作曲賞」が創設され、以降毎年1回の演奏会を重ね、ここに24回目の演奏会を迎えることができました。これも皆様の長年にわたるご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

今回は、招待作品柴田南雄氏の「メタフォニア」と、一般より公募した第22回作曲賞入選作品3曲を演奏いたします。

この「作曲賞」入選を機に大きく成長した作曲家も多く、若手作曲家の登竜門として注目される中、今回の作曲賞より、広く若手作曲家の創作活動を奨励する目的をもって、新たに「日本交響楽振興財団奨励賞」が設定されました。

“現代日本のオーケストラ音楽”演奏会には、その意義を認められ、日本財団・日本芸術文化振興会・朝日新聞文化財団・ロームミュージックファンデーションの各団体より助成をいただいております。こうした各方面からのご支援、ご協力に対して心より御礼申し上げるとともに、わが国オーケストラ音楽の発展のため、日本交響楽振興財団の活動に対し、一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

本日はご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

 

財団法人 日本交響楽振興財団

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,618位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
1,411

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「現代日本のオーケストラ音楽」演奏会チラシ
2.「現代日本のオーケストラ音楽」写真
3.事業報告書
4.「オルフェウス?ギリシャ神話より?」チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から