日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


9. 観察路づくり

 

間伐材の積極的な活用法としては次章に述べる椎茸栽培や炭焼きなどがありますが、ここでは里山での作業の一貫として間伐材を利用した簡単な山道の補修方法を紹介します。

管理を手掛けることになった里山は借りている場所とはいえ、四季を通して何度も通い、つきあうことになる場所です。また市民による管理活動の場合一度にたくさんの人が訪れるため、元々あった山道の損傷も心配されますし、たくさんの人が動きやすいようにしっかりとした道が必要にもなります。

こうした作業を通じて間伐材の扱いに慣れれば、管理作業地の中にベンチを作ったり、小川に橋をかけたりといった作業にチャレンジするのも楽しみです。

 

(1) 杭と横木を用意する。

直径7〜8cm前後の間伐材を杭用に50cm、横木用に100cmに玉切りし、必要数を用意。

杭用はナタで先端を尖らせておく。

 

(2) 階段にする場所を整地。

予定した斜面の階段の幅毎に横木を仮に置き、それを目安にしながら、平らにならしていく。

 

(3) 杭を打つ。

横木が動かないように、その下側・左右に杭を打ち込む。杭は通行の邪魔にならないように、しっかりと打ち込む。

 

(4) 仕上げ

横木が動かないようにしっかりと踏み固めておく。

横木が浮くようなら、上側左右にもう一本ずつ杭を打ってもよいが、足を引っ掛けないように、横木より低く打ち込むか、出ている部分をノコギリで切り取っておく。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
109位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
116,287

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から