日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

里山管理ハンドブック

 事業名 里山の管理指導者の養成並びに里山保全プロジェクトの育成
 団体名 大阪自然環境保全協会 注目度注目度5


2. 豊かな自然を生かした活用を。

 

里山は昔から農用林として利用されるだけでなく、その地域の人々にとってのレクリエーションの場として、四季折々の行事と共に広く使われて来ました。春は山菜摘みや花見、秋には紅葉狩りや「きのこ」採りといった、地域ぐるみの行楽の場でもあったのです。ひるがえって現在の私たちにとっても、施設過剰の都市公園や観光第一主義の国定公園より、より自然の豊かな「自然公園」として、里山の活用価値は大変高いものと思われます。里山の自然を活かしつつ適度の手入れをすることで、すぐれた都市近郊型の自然公園として活用することが望まれています。

 

014-1.gif

 

014-2.gif

里山を市民の手でリフレッシュ、豊かな自然を生かした公園に!

 

「里山の保全」をより現実的にするには、地域住民市民による積極的な提案やボランティア労働による参加など、その地域植生や風土にあった活用計画が必要であり、自然の回復機能や遷移を充分に生かした自然公園とすることが大切です。そのために、それぞれの里山の植生や生物調査、植生管理計画の立案、地域住民の意識調査や活用状況の把握、さらに実施に当たっては指導者の養成や学習会、研究会、管理組織、運営組織など多くの課題に取り組むことが必要となります。

 

私たちが残したいと考えている「里山」には、次のような立地条件の異なるものがあります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
99位
(33,621成果物中)

成果物アクセス数
138,849

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月19日

関連する他の成果物

1.2000年度補助事業完了報告書
2.里山ホリデイーのすすめ
3.稲作生態系保全プロジェクト
4.炭窯製作プロジェクト(一倉窯改造簡易型)炭窯づくりの記録
5.稲作生態系保全プロジェクトの記録「帰ってきた昆虫たち」
6.里山・公園管理プロジェクトの記録「市民による公園づくり」
7.防災安全講習会開催報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から