日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」プログラム

 事業名 藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」の上演
 団体名 藤沢市芸術文化振興財団 注目度注目度4


観どころ聴きどころ:

第1幕:パリの下町、屋根裏部屋(演出によっては他の設定になることもある。)

ヴェルディの中期のオペラのような序曲、前奏曲はなく、すぐに幕があがり、ロドルフォとマルチェロの対話でオペラは始まる。冷えこむクリスマス・イヴというのに暖をとる燃料もない、若者たちの生活だった。だが、希望を大きくもっている。青春の血は熱い。

「冷たき手を」一人部屋に残るロドルフォの処へ、下の階に住むミミがろうそくの灯を借りに。だが風で灯が消え暗闇(のつもり)。ミミが落した鍵を捜す二人の手が触れる。ミミに一目惚れのロドルフォは自分の身の上を彼女に語る。

「私の名はミミ」ミミも彼の求めに応じ、お針子生活の身の上を話す。名アリアの2曲である。二重唱「愛らしい乙女よ」外でロドルフォを呼ぶ仲間の声に応え、ミミ、ロドルフォは愛の一重唱を歌いつつ部屋を出る。一重唱が舞台裏まで続く幕切れが大変効果的。

 

第2幕:カフェ・モミュス「私が街を歩くと」ムゼッタのワルツ、でも知られるアリア。金持ちのスポンサーと一緒に通りかかったムゼッタがマルチェロを見かけ、彼の気をひこうと誰でも皆私をふりかえる、と歌う。前後のコミカルなはこぴも楽しいが、イヴの雑踏を演じる合唱も見もの。若者たちの描写も見事なのだが、イヴの賑わいをみせる合唱にこの幕の主役の感がある。

 

第3幕:明け方のアンフェール門。パリに通じる街道の関門である。ミミ、ロドルフォ、ムゼッタ、マルチェロの四重唱。2組の恋人たちが別々の感情を歌いながら最後に一体となって声を重ね、余韻をひいて幕が降りる。劇的効果もすばらしいのだが、早朝の物売りたちの点描も生活感がにじんで抜群である。そして四重唱の前にうたわれる「ミミの告別」が裏切を誘って胸をうつ。ミミは彼に負担をかけたくない、と別れを告げるのだった。

 

第4幕:元の屋根裏部屋。ロドルフォとマルチェロの一重唱「もうミミは戻ってこない」2人はもとの恋人が忘れられず仕事に少しも気が入らない。「さらば古いコートよ」コルリーネのアリア。コルリーネは大事にしていたコートを金に替えミミの医者代を、と外出する。だがその甲斐もなくムゼッタにつれられ懐かしい部屋に戻ったミミは死をむかえる。

(こやまあきら音楽評論)

 

031-1.gif

ショナール

 

031-2.gif

ムゼッタ

 

031-3.gif

ベノア

 

031-4.gif

アルチンドロ

 

衣裳画 岸井克己

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
865位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
12,686

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.藤沢市民オペラ「ラ・ボエーム」チラシ
2.開催報告書
3.第12回高岡野外音楽劇「越中万葉夢幻譚」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から