日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

被害者支援都民センター「センターニュース」創刊号

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


「自助グループを開きたい人のための研修会」を開催して

大久保恵美子

 

被害者支援都民センターの活動の一つとして、「被害者自助グループの支援」と「自助グループ開催希望者への支援」があります。

自助グループは、同じような体験をもつ方たちが定期的に集い、繰り返し辛い心の内を安心して話し合うことにより、1]色々な悩みや問題に対処する2]破壊された信頼感を取り戻す3]自尊心を回復し悲嘆を乗り越える等を、主な目的に開催しています。

被害者支援先進国であるアメリカでは、二十年前から自助グループ活動が活発ですが、日本でもようやく他の被害者の役に立ちたいという気持ちから、自助グループを開きたいと考える被害者が各地に出てきました。

日本の各地に自助グループが出来れば、被害者支援センターとの効果的な連携も図れ、新たな被害者は、身近な所で早期支援を受けることができ、被害者支援活動の充実も図れます。

しかし、被害者であっても相談にのる基本や運営方法について理解していなければ、効果的に長く続けることは出来ません。

初めての試みであるこの研修会には、全国各地から十五名の被害者や遺族が集まり、実習を入れながら運営の基本や事件後の精神的影響等について学びました。

講師は、日本の被害者支援の先駆者である東京医科歯科大学・山上皓教授、常磐大学・長井進教授、常磐大学・中島聡美助教授、大阪大学・三木善彦教授等でした。

研修は講師、支援者、遺族という枠を超え、参加者全員が一体となり、充実感溢れる交流の場にもなりました。受講後の感想として「このような研修を待ち望んでいた。継続的に実施してほしい。頑張っている仲間の姿に感銘を受けた」等、受講した遺族の喜びと期待が伝わってくるものばかりでした。

また、遺族たちの「苦しみは自分たちだけでたくさん。被害者が出ない社会にしたい」という気持ちがひしひしと伝わってきました。そして、被害者支援都民センターとして、被害者の期待にどう応えていくかを深く考えさせられる研修会でもありました。

協力してくださいました皆様に、深く感謝申し上げます。

 

007-1.jpg

 

シンボルマークの由来

007-2.jpg

オレンジのハートは花、グリーンのハートは葉をイメージします。ハートは心を表しています。

結ばれたハートは、心と心のつながりを意味します。

支援には、真心と優しさと、いたわりの心が求められます。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,251位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
7,388

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.被害者支援都民センター「センターニュース」第2号
2.被害者支援都民センター「センターニュース」第3号
3.大阪被害者相談室「支援活動の飛躍の年に」活動報告?X
4.大阪被害者相談室「Just in Case こんなときに・・・」パンフレット
5.「犯罪被害者支援センターみやぎ−事業のご案内−」パンフレット
6.「犯罪被害者支援センターみやぎ−相談のご案内−」リーフレット
7.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第1号
8.犯罪被害者支援センターみやぎ「かけはし」第2号
9.犯罪被害者支援センター「かけはし」第3号
10.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.2
11.「長野犯罪被害者支援センターだより」NO.3
12.福岡犯罪被害者支援センター「犯罪被害でお悩みの方へ」パンフレット
13.介護保険制度における苦情処理体制等の在り方に関する調査研究結果報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から