日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

平成12年度剣詩舞道大学大学院受講資料

 事業名 吟剣詩舞の普及振興
 団体名 日本吟剣詩舞振興会 注目度注目度5


七、狂言における舞の表現

狂言大蔵(おおくら)流東次郎家四世 山本東次郎則寿(やまもととうじろうのりひさ)先生

 

<講師紹介> 昭和十二年生まれ。狂言大蔵流・故三世山本東次郎則重の長男。父に師事。昭和十七年十一月、山本会の『痿痺(しびれ)』のシテで初舞台。(昭和二十七年九月、矢来能楽堂舞台披き能で『三番三』、三十三年十二月、都立劇場特別鑑賞会で『釣狐』、四十六年三月、立合能で『花子』を披く。)昭和四十七年五月、四世東次郎襲名。山本会を主宰。東次郎家独特の剛直さに、端麗さを加えた芸風で知られる。昭和三十九年度『茶壷』のシテで芸術祭奨励賞受賞。平成四年度芸術選奨文部大臣賞受賞。平成十年、紫綬褒章受章。重要無形文化財総合指定・日本能楽会会員。(著書に「狂言のすすめ」がある。)

 

新しい人間の発見を!

狂言も能と同じく、謠(うたい)と舞がすべての基本ですから、子供のころ、「小舞(こまい)」を稽古しながら、ひたすら立つこと、座ること、歩くこと、扇の開け閉め、そんなことを徹底的に稽古させられました。

人間、持って生まれたものはさしたるものではない、自分を一度否定して、新しく一から造っていく、努力して勝ちとったものを尊いとするのです。こういう考えは、実は過去の日本人全体が持っていた精神文化でした。戦後五十年で一億総自己主張みたいになってしまいましたが、そういう風潮の中で、だからこそ、能や狂言の世界では断固としてここは譲ってはならないというところがあるはずで、そうでないと伝統ではなくなるという気がしております。

よく、なぜ狂言をそんなにむずかしく考えるんだ、と言われますけれども、でも、ただ笑って終わるより、人間のさまざまな心の姿が見えた時にはるかに面白いものになると思うのです。見る方の人生観によって、演者自身も気づいていないことを発見してくださることもあると思います。人間の生き方?そんなことどうでもいい、という人は別ですが。

 

(メモ)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,405位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
1,676

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.普及テレビ放送台本「吟詠 新春に詠う?新世紀の春を詠う?」
2.「全国吟詠コンクール決勝大会」プログラム
3.「全国剣詩舞コンクール決勝大会」プログラム
4.「全国少壮吟詠家審査コンクール決選大会」プログラム
5.平成12年度夏季吟道大学受講資料
6.平成12年度夏季吟道大学役員及び受講者名簿
7.平成12年度少壮吟士並びに同候補夏季吟詠特別研修会日程
8.平成12年度少壮吟士夏季吟詠特別研修会出席者名簿
9.平成12年度剣詩舞道大学大学院受講者名簿
10.レジャーチャンネル番組案内(平成12年4月?平成13年3月分)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から