日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

札幌市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会開催要項・テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに保育者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


第4章 現在の幼児画とケロッグの研究との比較

 

イギリスの美術視学官のトムリンソンは、「子ども達の発達は、一定のはっきりした段階を通過する」と述べている。しかし、「はじめに」でも述べた様に、現在と過去では子ども達を取り巻く環境が、かなり変化してきている。環境が変化してくれば、子ども達に与える影響も変わるはずである。従って、幼児画の発達過程にも影響を与えているのではないだろうか。現在の子どもの幼児画は、札幌国際大学付属幼稚園の園児によって描かれた87枚の幼児画を用い、過去の子どもの幼児画としては30年前に子どもの発達を研究し、定説として認められているローダ・ケロッグの発達過程を用いて比較する。

幼児画87枚を<図4-1>のローダ・ケロッグによる児童画の発達段階に従い、「1、スクリブル」から「11、比較的完成に近い人間像」までに区分してみる。どんな種類があるか、どんな特徴があるかを見て、一定の段階を通過しているか、それとも変化しているのかを検証していく。

 

1、 ケロッグによる児童画の発達段階(1969年)

<図4-1>下から上へ、初期のスクリブルから「人間」への進歩を示す。1]一番下がスクリブル、2]ダイアグラムとコンバイン、3]アグレゲイト、4]「太陽」、5]「太陽の顔」と「太陽人」、6]頭頂に描き込みのある「人間」、8]腕なし「人間」、9]各種の胴をもつ「人間」、10]胴に腕のついている「人間」、○比較的完成に近い人間像。

 

028-1.gif

<図4-1> 「ケロッグによる児童画の発達過程」

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,010位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
10,721

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)実施要綱
2.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)テキスト
3.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)実施要綱
4.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)テキスト
5.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)実施要綱
6.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)テキスト
7.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)実施要綱
8.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)テキスト
9.保育所子育て相談推進セミナー実施結果について
10.滋賀県平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
11.京都市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
12.平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会の実施結果について
13.私たちの乳児保育
14.保育所保育・保健研修セミナー実施結果について
15.大阪平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
16.日本人のライフサイクル変化に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から