日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)テキスト

 事業名 保育事業の振興並びに保育者の資質向上
 団体名 日本保育協会 注目度注目度5


提案要旨

保育所の間食

竹中幸子(青梅市・かすみ台第一保育園長)

 

保育所における給食は、乳幼児の心身の成長と発育そして健康保持等に必要な食物の供給が大きな役割です。最近では保護者の勤務時間や通勤圏等の多様化により、保育時間の延長も余儀なくされ、また家族構成等の変化により保育所での食事やおやつに対する意識が益々重要となってきました。

子どもは体が小さいわりには多くのエネルギーを必要とし、その上、消化機能はまだ未発達で、1日3食の食事だけでは不十分なため、おやつで補給する必要があります。

おやつはお菓子などでなく、『間食』として昼食とのバランスを考え、軽い食事のようなものを取り入れ、1日4食と考えている施設も多いと思います。そのためには間食の充実を図り、また、食物アレルギーの子どもへの対応も考え、できる限り手作りでボリュームのある物(すいとん・ミートグラタン・いなりずし、お好み焼き・おにぎりなど)が考えられます。

しっかり食べても時間と共にお腹も空いてきます。夕飯を食べる時間になっても帰れない子どもには、おやつと夕食との繋がりとして更に間食も必要となってきます。どの時点でどの位を与えたら良いのか、お迎えまで後どの位かかるのか、そして保護者の考え方は…。など悩みながらも対応しなければなりません。

友達が少しずつ少なくなっていく心細さや空腹感のいらだちからの葛藤もあります。過食にならないように、夕食に差し支えないように。しかし、何かを口にすることは暫くの心身の安定にもつながり、心理的にも心強いのではないでしょうか。

保育所独自の考え方もあり、どの施設も今後の大きな課題として検討していく必要があると思います。

子どもが従来から持つ“おやつ”のイメージを崩さないように柔軟な考え方も必要だと思います。日本の様々な文化や行事をできる限り伝えられるような、間食やその時期でしか味わえない物も取り入れることも大切でしょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,151位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
4,203

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.保育所保育・保健研修セミナー(東京開催分)実施要綱
2.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)実施要綱
3.保育所保育・保健研修セミナー(大阪開催分)テキスト
4.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)実施要綱
5.保育所子育て相談推進セミナー(東京開催分)テキスト
6.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)実施要綱
7.保育所子育て相談推進セミナー(大阪開催分)テキスト
8.保育所子育て相談推進セミナー実施結果について
9.札幌市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会開催要項・テキスト
10.滋賀県平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
11.京都市平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
12.平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会の実施結果について
13.私たちの乳児保育
14.保育所保育・保健研修セミナー実施結果について
15.大阪平成12年度子どもの感性を育てる表現研修会実施要項・テキスト
16.日本人のライフサイクル変化に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から