日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

高齢者・障害者等の海上移動における問題点に関する調査研究調査報告書

 事業名 高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


II-4-5. 情報提供の問題点とニーズ

1] 船の発着時間、到着時間に関する情報は、電光表示と音声の両方で提供して欲しい(聴覚障害者、高齢者)

2] 船内の案内は音声によるもの(放送)が中心なので、電光表示による情報提供もして欲しい。特に荒天でゆれる際の情報を電光表示して欲しい(聴覚障害者)

3] 船内放送が聞こえずに到着地で船内に取り残された経験がある(視覚障害者)

4] 洋式トイレの位置など船内施設の表示を大きな字で表示して欲しい(高齢者)

5] 船内案内図だけでなく音声による案内もして欲しい(視覚障害者)

6] 到着港で接続するバス、タクシー等に関する情報提供ニーズが高い(高齢者、車いす使用者)

 

旅客船ターミナルと船内における情報提供についての問題点とニーズについては、船の発着時間、到着時間に関する情報提供のニーズが最も多かった。今回の調査対象航路においては電光表示等の文字情報による情報提供施設が設置されていない旅客船ターミナルや船舶が多かったため、聴覚障害者からは文字情報等の視覚で認識できる情報提供を望む意見があった。一方、高齢者や視覚障害者にとっては音声による情報提供に対するニーズが高い。ある視覚障害者は、大型のフェリーを利用時に船内放送を聞き逃してしまい到着に気が付かず、船内の清掃の職員に発見されて下船した経験をしており、どこでも聞き取りやすい音声による情報提供が求められている。さらに視覚障害者の中には、糖尿病等により比較的高齢になってから視力を失った人もおり、こうした人にとっては点字表示を読むことができないケースも多く、音声による情報提供は旅客船ターミナル、船内の双方において重要であると考えられる。

なお、今回の調査対象航路は複数の寄港地を持つ航路は少なかったため、船内での到着地や次の寄港地と入港予定時刻等に関する情報提供ニーズは聞かれなかった。

船内施設に関する情報提供ニーズは、洋式トイレ(腰掛け式便座)の位置に関する情報提供ニーズが高かった。高齢者や障害者にとって利用しやすい洋式トイレ(腰掛け式便座)についてのニーズが高いことを反映していると考えられる。

また、到着港に関する情報では、接続するバスやタクシー等に関する情報提供ニーズが高かった。高齢者や障害者等が海上交通を利用する場合、離島側では家族や近所の人に送迎をしてもらっているケースが多いが、本土側ではバスやタクシー等の公共交通機関を利用しており、車いすでも利用可能なバスやタクシー等に関する情報提供に関するニーズも高かった。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,546位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
5,786

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.欧米主要国における高齢者・障害者の移動円滑化に関する調査報告書
2.公共交通ターミナルバリアフリー度評価報告書
3.旅客船バリアフリー?設計マニュアル
4.案内用図記号の統一化と交通、観光施設等への導入に関する調査報告書
5.海・沿岸域の総合的活用のための人づくりと組織づくり
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から