日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

論文集 ISME TOKYO 2000 Volume?

 事業名 第6回舶用機関国際シンポジウムの開催
 団体名 日本マリンエンジニアリング学会  


The advantages and caveats of each of the main three conversion methods and consequent fuels are outlined in Figure 3 (as of the time of writing).

Figures 2 and 3 are quite a farsighted response to the Title of this panel discussion - i.e. "marine fuel qualities as they are and will be" with the emphasis on "will be". The future ISO and CIMAC specifications would well include hydrogen and some viewpoints on utilising sun's radiation.

 

035-1.gif

Figure 1 . The tendency is clearly towards electricity as the consumed form of energy.

 

035-2.gif

Figure 2. The total picture of the real "competition" in ships' fuel.

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
582位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
16,968

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.プログラム ISME TOKYO 2000
2.論文集 ISME TOKYO 2000 Volume?
3.ISME TOKYO 2000追加論文 ADVANCES IN MARINE ENGINE LUBRICATION
4.ISME TOKYO 2000 追加論文 FT8 Phase ? Reliability Improvement Program
5.PROCEEDINGS OF ISME TOKYO 2000 SPECIAL LECTURE
6.参加者名簿
7.展示用DIRECTORY
8.学会誌Vol.36 No.2
9.中高齢者の災害防止のためにイラスト入り中高齢者災害事例と安全対策墜落・転落編
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から