日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

通信教育造船科講座テキスト「艤装」

 事業名 小型造船技術講習
 団体名 日本小型船舶工業会 注目度注目度5


(1.2) コンタミキット使用上の注意事項

(a) コンタミキットは一眼で供試料と標準板が見られるのが特徴である。そのためには、現在ある標準板の上に着いているプラスチックのカバーを取り外さなければ顕微鏡のピントが合わない。

(b) 実物標準板は各級上限に近いごみの数である。

供試料と比較して、例えば9級と同程度に見えたら10級と表わした方が良い。

また、見る場所によって、ごみの数が変ってくるので、標準板、供試料とも多くの場所を覗いて判定しなければならない。

(2) サンプル採取要領

(2.1) サンプルは分析の目的に応じた量を必ず確保する。

a. 性状分析用  2.0l

b. 汚染度測定用 0.1l

(2.2) サンプルを採取する容器は、清浄なものを使用し、採取しようとする油を最初2l捨て、容器をサンプルにて2〜3回洗浄した後、採取する。

この作業中、サンプルコックは開けっ放しにしておく。

(2.3) 新油を採取するときは、新油ドラム缶より採取する。この際、ドラム缶の底部からの採取はさける。

(2.4) サンプリングを行ったら、サンプルの来歴を下記事項について記録しておく。

(a) 日時

(b) 番船(船種)

(c) 採取者氏名

(d) 系統及び1次フラッシングか2次フラッシングか。

(e) 油銘柄

(f) 新油か、フラッシング何時間後か。

(g) 使用フィルタ、エレメントの種類。

(h) サンプリング個所。

(3) NAS規格

NASとは、1964年1月、AEROSPACE INDUSTRIES ASSOCIATION OF AMERICA INC.で判定されたNAS(National Aerospace Standards)1638、Cleanliness Reqirements of Parts use in Hydraulic Systemsである。

油の汚染度の規格の中で、最も旧くから体系化され、JISにも採用されている。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
20位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
338,016

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」学習指導書
2.通信教育造船科講座テキスト「工場管理」
3.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」学習指導書
4.通信教育造船科講座テキスト「船体工作法」
5.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」学習指導書
6.通信教育造船科講座テキスト「船舶関係法規」
7.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」学習指導書
8.通信教育造船科講座テキスト「船舶計算」
9.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」学習指導書
10.通信教育造船科講座テキスト「基本設計」
11.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」学習指導書
12.通信教育造船科講座テキスト「船殻設計」
13.平成12年度「身体障害者用ヨットの開発」事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から