日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


ことば・言葉

 

教えて! 基本用語

 

配食サービス

地域の高齢者等に、お弁当を宅配するサービス。介護保険制度の給付サービスには含まれていないが、市町村が実施する老人福祉事業のメニューのひとつとして推進されている。

身体は弱くて買い物に出掛けるのもままならない、一人暮らしだと食事を作るのが億劫…といった人たちにとって、栄養のバランスの取れた食事を調理して、自宅まで届けてくれるサービスはありがたいもの。また定期的な訪問は安否確認にも役立つ。健康な体作りはまず食事から。食事の調理が困難な人は、地域の在宅介護支援センターなどに問い合わせて、上手に利用を。

 

移送サービス

配食サービス同様、介護保険には含まれていないが、高齢者等の在宅生活を支える重要な公的サービスのひとつとして、実施している市町村が多い。リフト付き車両等の移送用車両で自宅と福祉施設や病院等の間を送迎してくれるので、車イスの人でも利用可。

またNPOなどの中には、映画館や墓参り、旅行等趣味的目的の場所への送迎にも対応してくれるところも。年を取っても、体が不自由になっても、出かけたいときに、出かけたい場所へ好きに出かけられる…。そんな当たり前の生活が送れる社会をつくっていくことって、すごく大切ですよね。

 

知ってる? 最新用語

 

インターンシップ制度

学生が在学中に、企業などで一定期間仕事を体験できる制度のこと。元々はアメリカの大学で誕生した制度だが、日本でも1997年の就職協定廃止を機に推進の機運が高まり、民間企業と大学の中には独自にこの制度を取り入れるところも出てきた。また昨夏には当時の通産省がこの制度のモデル事業を情報関連200社を対象に実施するなど、行政も本格的な普及に乗り出している。

確かに、企業にとっては有用な人材の確保、学生にとっては希望する職業の業務内容や自分の適性・能力が把握できるなど、メリットも大きそう。

ただ、今のところ行政も、大学も、学生も、一般企業にばかり目が向いているよう。高齢社会に対応する人材の育成のためにも、ぜひとも今後は福祉の職場にももっと目を向けてくれるといいですね。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,828位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,733

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から