日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


この「(特にシニア)男性の社会参加」をどうやって推し進めたらいいのか、知恵を絞った揚げ句、意外な結論に達したのです。そのシニア男性が何と、各自の足元に居るではないか!

奇妙なことですが、主婦たちは夫を、自身がかかわるべき対象者とはどうしても考えられないのです。地域では大活躍の女性も、夫のこととなると「あの人はダメ」などと言ってあきらめてしまいがちです。

しかし夫にとって妻は、社会とつながるためには最高の仲介者であることに違いはないのです。というわけで、アドバイザーたちは一か月ほど、夫育てを実践してみようということになりました。具体的には「夫をホメてみよう」。

夫が今まで朝食しか作ってくれないとグチっていたのを、見方を変えて、「今日のは特においしいねとホメまくってたら、今は後片付けもしてくれるようになりました」と一人が報告していました。夫が家事をするのは当たり前とせず、「『助かるわ』と言えるようになってから、夫婦げんかも減りました」と言う人も。「あなたは気付いていないかもしれないけど、こうして私の活動仲間を送迎してくれるのも立派なボランティアなのよと言うと、最近は『今日は誰を送るの?』と声をかけてくれるようになりました」とも。

「こういうことは男のあなたでなければできないことね」と、持ち上げるのも効果があるようです。「皆さん、喜んでたわよ」と仲間からの評価を伝えるのも同じように夫に自信を与えているようだとの報告も。

改めて夫にこんなホメ言葉を連発しなければならないというのは、何かこそばゆいというか、それ以上に不自然な感じを抱きがちですが、考えてみれば、もし他人がこれをやってくれたら当然、それなりのお礼の言葉を発するはずです。それが、相手が夫となると、途端に「当たり前!」となってしまうのも、これまた不自然な感じがしないでもありません。

「夫婦は他人の始まり」といいますが、これを「夫婦は隣人の始まり」と言い換えて、たまには他人行儀な態度に出てみるのもいいことかもしれません。このホメ倒し戦術をやっているうちに「私を黙って送り出してくれる夫もボランティアをしているのだと気が付いた」人も少なくありません。帰宅した私の話を笑顔で聞いてくれているのも同じ、と。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,026位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
2,460

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から