日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


てい談

心の教育とボランティア

15時〜16時30分

脚本家 小山内美江子さん

東京都小平市立小平第二小学校 校長 山下敏夫さん

さわやか福祉財団 理事長 堀田力

 

教育の現場にいる山下さん、教育・学校のあり方や問題点とその素晴らしさを描いたテレビ番組「3年B組金八先生」(以下金八先生)の脚本家の小山内さん、そして堀田理事長かそれぞれの立場から幅広い議論を展開した。

 

どんな子供に育てれば良いのか

 

「人間として幸せに生きるためにどんな人間を育てるべきか」。このような堀田理事長の問いでてい談は始まった。これに関連して小山内さんは「金八先生」誕生のエピソードを交えながら、「自分の息子が中学三年生の時に、息子の友だちが持ち込んだ話をベースに書きました。この番組を通して親子の会話ができればいいなと思って。会話を通して人の痛みのわかる子、自分で自分の責任が取れる大人になってほしいな、という願いがありました」

ドラマの中では学校と地域の高齢者とのかかわりについても描かれた。

「学校のハードもソフトも本を正せば、地域のものであり、市民のもの。地域の人はもっと学校に入るべきだから『金八先生』でも空き教室をデイケアセンターにするという設定も入れました」。多くの社会問題が描かれたこの番組のホームページには一二〇〇万通のメールが届いた。今の教育に対する関心や問題意識を持つ視聴者が多いことがわかる。

一方、親子共々「金八先生」ファンという山下さんは地域における学校のあり方について、「子供と町がかかわっていくということはとても大切。子供たちは、あと数年後には大人になる。町の中で主体的な住人になるんです。地域とのふれあいを通して、町で支え合える人間になってほしい。

 

006-1.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,551位
(34,720成果物中)

成果物アクセス数
3,372

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年7月2日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から